上司を巧みにフォローして、プロジェクトが成功! これを繰り返してその上司が出世すれば、自分の評価も確実にアップさせられます。では、上司を出世させるために必要な能力とは? 頼りにされて愛される部下のあり方を、すずまり姉さんに聞きました。

(登場人物)

やる子(30歳)すずまり姉さん(40代) 左:やる子(30歳)/仕事に対しては真面目で、やる気も十分なのに、なぜかいつも空回り……。ミスやムダが多く、残業しているのは自分だけという状況もしばしば。

右:すずまり姉さん(40代)/効率よくスマートに仕事をこなす。過去に数多の過ちをやらかした経験からミス、ムダ、残業を忌み嫌う。厳しさと愛をもって全力で後輩を指導中。

中堅どころに求められる能力、それは「フォロワーシップ」

 前回の「上司から信頼される『本当に気が利く人』の特徴7つ」に引き続き、愛される部下になるコツを語るすずまり姉さん。やる子も時にうなずきながら、神妙な面持ちで聞き入っています。

すずまり姉さん 「やる子ももう中堅どころなんだから、フォロワーシップをもっと高める必要があるわよね」

やる子 「フォロワーシップ? SNSのフォロワーみたいなものですか? そういえば最近、インスタのフォロワーが増えてきたんですよね~。ちょっと見てください、この写真。この間食べたスイーツなんですけど……」

すずまり姉さん 「ちょっと、ちょっとちょっと! ……って、思わず『ザ・たっち』みたいになっちゃったじゃない。もう、やる子ったら、話がずれてるわよ。ここで言うフォロワーは、リーダーを支援する人のこと」

やる子 「ってことは、フォロワーシップはリーダーを支援する能力ですか?」

すずまり姉さん 「そそ。これを高めれば、あ~た自身の価値も上がるわよ」

やる子 「おお、それは気になります! んで、具体的にはどうすればいいんでしょ?」

すずまり姉さん 「それより、あ~たのスイーツ写真を見たらおなかがすいてきちゃったわ」

やる子 「ん~、今は酢昆布くらいしか……。まずはレクチャー、お願いします!」

上司を出世させる「評判の部下」はここが違います (C) PIXTA