• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「いまを生きる」に学ぶ 将来を憂うより大切なこと

2016年9月8日

【最終回】いつもと目線を変えれば、かならず新しい何かが見えてくる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「哲学」ってむずかしいことだと思っていませんか? 「哲学」とは、「ものごとの正体を知ること」。哲学者の小川仁志さんが、身近なことを題材に分かりやすく哲学の視点から読み解きます。今回のテーマは、映画「いまを生きる」。こんな先生の授業を受けてみたかった!

ときには目線を変えて、物ごとを見てみよう

 規則が厳しい全寮制のアメリカの高校に赴任してきたキーティングは、生徒たちに詩を教えます。ただしそれは普通の教え方ではなく、とても型破りなものでした。詩は理屈じゃないといって教科書を破らせたり、机の上に立たせて物事を違った視点から見ることを教えたり、外で好きなように歩かせて、人と同じ考え方になるのは危険だと教えたり……。

先生の笑顔がまた、いいんです

 キーティングは生徒たちに一瞬一瞬を大切に、懸命に生きること、つまり伝統や規則に縛られて受動的に生きるのではなく、もっと自由に「今を生きる」ことの意義を伝えようとしたのです。

 生徒たちはキーティングに惹かれ、次第に自由な生き方を見つけていきます。そしてかつてキーティングが作っていたという「デッド・ポエット・ソサエティ(死せる詩人の会)」を復活させるのです。これはこの映画の原題でもあるのですが、生徒たちが森の洞窟で自由に詩を楽しむ秘密のクラブです。

 生徒たちは仲間とのこの自由な活動にも勇気づけられ、それぞれの思いを実現しようとします。思いを寄せる人に告白する者、学校への要求を記事にする者、そして親が反対する演劇の道へと進む者。そこで悲劇が起こります。まず、記事のせいでクラブの存在が危険視され始めます。また、演劇への道を断たれた生徒が自殺してしまいます。

 この一連の悲劇の中で、学校はスケープゴートとしてキーティングをクビにします。生徒たちも強制的に元の厳しい学校生活に引き戻されるのです。しかし、キーティングが去る最後の日、生徒たちは精一杯の抵抗を見せ、校長が制止するにもかかわらず、机の上に立ち、キーティングに感謝と尊敬の念を伝えようとしたのです。

 無力にも元の厳しい生活に引き戻された彼らですが、キーティングの教えは死んでいなかったのです。一度自由に生きることの意義を知った彼らは、拘束の中にも希望を見出し、その中で我慢強く生きづるけることを選んだのです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
小川 仁志
小川 仁志(おがわ ひとし)
哲学者・山口大学国際総合科学部准教授
1970年、京都府生まれ。京都大学法学部卒、名古屋市立大学大学院博士後期課程修了。博士(人間文化)。米プリンストン大学客員研究員(2011年度)。商店街で「哲学カフェ」を主宰するなど、市民のための哲学を実践している。専門は公共哲学。著書に『7日間で突然頭がよくなる本』、『世界のエリートが学んでいる教養としての日本哲学』(共にPHP研究所)等多数。
関連キーワードから記事を探す
教養・マナーコミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ