• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

自分を活かし社会に貢献する方法を、あの名作から学ぶ

2016年8月4日

不朽の名作「ニュー・シネマ・パラダイス」を哲学します

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「哲学」ってむずかしいことだと思っていませんか? 「哲学」とは、「ものごとの正体を知ること」。哲学者の小川仁志さんが、身近なことを題材に分かりやすく哲学の視点から読み解きます。今回は映画「ニュー・シネマ・パラダイス」を哲学。こんなにも好きになれることがあるって、羨ましい。

可愛い子には旅をさせよ

 映画好きな人が、よくベストムービーに挙げる「ニュー・シネマ・パラダイス」。この作品は、音楽も有名ですよね。

 第二次世界大戦前のイタリアで、映写室と映画に魅せられ、そのとりことなった少年トト。彼は、あの手この手で映写技師のアルフレードを説き伏せ、助手にしてもらいます。

 広場の映画館は、村の人たちにとって唯一の憩いの場であり、交流の場でした。ところが、火事によって映画館は消失し、アルフレードも失明してしまいます。幸い、映画館は「ニュー・シネマ・パラダイス」という名で再建され、なんとトトが映画技師として活躍することになったのです。

 やがて時が経ち、トトは青年になります。そして、美しいエレナと恋に落ちます。しかし、幸せな時間は長くは続きませんでした。すれ違いの中で、二人の運命は引き裂かれてしまいます。ずっとあとになって判るのですが、実は二人を引き離したのはほかでもないアルフレードでした。彼は、トトの将来を思って、二人が駆け落ちなどすることのないよう、苦渋の選択をしたのです。

 トトは失意の中、アルフレードのアドバイス通りローマに旅立ちます。映画を作るという夢を叶えるために。そして、見事大成功します。

 30年後、アルフレードが死んだという知らせを受けたトトは、久々に村に帰ります。映画館は閉鎖され、かつての面影は無くなっていました。そんなトトの前に、エレナの娘が現れたのをきっかけに、トトとエレナは再会を果たします。30年ぶりに誤解も解け、二人の愛は再燃。最後はアルフレードが遺してくれた、懐かしい映像を見ながらトトが涙するシーンで幕を閉じます。

 さて、こう書いてくると、どうしても映画論や恋愛論を展開したくなりますが、あえて私は今回『公共哲学』の視点に着目したいと思います。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
小川 仁志
小川 仁志(おがわ ひとし)
哲学者・山口大学国際総合科学部准教授
1970年、京都府生まれ。京都大学法学部卒、名古屋市立大学大学院博士後期課程修了。博士(人間文化)。米プリンストン大学客員研究員(2011年度)。商店街で「哲学カフェ」を主宰するなど、市民のための哲学を実践している。専門は公共哲学。著書に『7日間で突然頭がよくなる本』、『世界のエリートが学んでいる教養としての日本哲学』(共にPHP研究所)等多数。
関連キーワードから記事を探す
教養・マナーコミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ