• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

幸せをつかむカギは「○○を捨てること」 美女と野獣を哲学 

2016年7月21日

ベルに学ぶ、素敵な「野獣」の見つけ方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「哲学」ってむずかしいことだと思っていませんか? 「哲学」とは、「ものごとの正体を知ること」。哲学者の小川仁志さんが、身近なことを題材に分かりやすく哲学の視点から読み解きます。今回のテーマは、映画「美女と野獣」。ストーリーも良いけれど、音楽も本当に素敵です。

人を外見で判断してはいけない、と言うけれど

 アニメ作品として史上初のアカデミー賞作品賞にノミネートされた「美女と野獣」。この映画が日本で公開されたのは1992年のことです。そのころ私はバブルを謳歌する大学生。就職も内定して、合コンばかりしていました。そのたび話題になったのが、この「美女と野獣」です。

人は見た目じゃないんです

 ただ、どちらかというと、映画の文脈とは無関係に、決してイケメンとはいえないワイルドな男性と美女の組み合わせを形容する言葉として用いられていたように思います。そして幸か不幸か、周囲からは私もその部類に入れられていました。

 さて、「美女と野獣」という作品は、同名のフランスの民話がもとになっているのですが、映画では少し内容がアレンジされています。昔、森の奥の城に傲慢な王子が住んでいました。その王子の元を醜い老婆に扮した魔女が訪れます。そして一晩泊めてほしいと頼んだのですが、その醜さゆえに断ります。

 すると魔女は、人を外見だけで判断した王子を戒めるため、王子と彼の城全体に魔法をかけたのです。王子は醜い野獣の姿に変えられ、家来たちも家財道具に変えられてしまいます。この魔法は、野獣の姿になった王子を心から愛する女性が現れるまで消えないといいます。しかも、手渡された一輪のバラの花びらがすべて落ちるまでにというタイムリミット付きです。そこに主人公の美女、ベルが現れます。

 ベルは野獣に囚われた父親の身代わりとして城に住むことになったのですが、野獣の中に人間性を見出し、次第に彼の心を変えていきました。そしてついに恋に落ちるのです。ただ、ベルにはしつこく求婚を迫ってくる男がいました。その名はガストン。イケメンで人気者だけれども、こちらもかなり傲慢な性格です。

 ガストンは野獣を殺し、ベルを奪い返そうと城に攻め込みます。ところが、最後はやられてしまいます。戦いが終わって、ベルが傷ついた野獣に愛の言葉をささやいた瞬間、野獣の魔法が解け、元の王子の姿に戻ります。こうしてめでたく二人は結ばれたというのが話の流れです。

 ストーリーの概要を聞いていただいて分かるとおり、ここでの教訓は外見にとらわれてはいけないということです。もう少しいうと、固定観念にとらわれてはいけないということです。哲学にとっても固定観念は敵です。そのせいで物事の本質が見えなくなってしまうからです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
小川 仁志
小川 仁志(おがわ ひとし)
哲学者・山口大学国際総合科学部准教授
1970年、京都府生まれ。京都大学法学部卒、名古屋市立大学大学院博士後期課程修了。博士(人間文化)。米プリンストン大学客員研究員(2011年度)。商店街で「哲学カフェ」を主宰するなど、市民のための哲学を実践している。専門は公共哲学。著書に『7日間で突然頭がよくなる本』、『世界のエリートが学んでいる教養としての日本哲学』(共にPHP研究所)等多数。
関連キーワードから記事を探す
教養・マナー恋愛・結婚

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 11月号

    特集:1年後、私が劇的に変わる!「すごい手帳のコツ300」【特別付録】その1:アフタヌーンティーコラボ オリジナル万年筆 /その2:冊子『まんがで分かる!お金がどんどん増えるルール』」

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 11月号

    特集 ゆがみ解決!たるみも消える!10日間体幹リセットで美姿勢!腹ペタ!別冊付録 脱・むくみ体質 リンパ流しバイブル」

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 10月号

    「日経DUAL」10月号は「ウチの子にぴったりな進路はどれ? 受験&進学総覧」「企業で人生成功させる必須6条件」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「不妊治療 顕微授精では精子の質的低下を補えない」「伝説のコーヒー店『カフェ・バッハ』女店主が作る子ども向けおやつ」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ