• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

サザエさんは24歳―現代人とサザエさんとの違いとは

2016年5月19日

アニメ「サザエさん」を、哲学者があかるく読み解く!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「哲学」ってむずかしいことだと思っていませんか? 「哲学」とは、「ものごとの正体を知ること」。哲学者の小川仁志さんが、身近なことを題材に分かりやすく哲学の視点から読み解きます。今回はアニメ「サザエさん」を哲学。サザエさんはなんと24歳。気付けば年上になっていました。

善き人のためのサザエさん

 前回の記事「ちびまる子ちゃんは大人のための教科書である」では、「ちびまる子ちゃん」は国民の生き方の教科書だと書きましたが、「サザエさん」はその一つ前の時代の「国民の生き方の古典」だといっていいでしょう。サザエさんも同じように古き良き時代の日本の家族関係を描いたものなのですが、原作はちびまる子ちゃんよりもう少し前の話なのです。

 またそれだけでなく、サザエさんの場合は主人公が大人です。しかも子供までいる主婦です。ここがユニークなところです。つまり、主婦であることによって、様々な人間関係が問題になってきます。

 私たちはあの人間模様に自分たちの日常を重ね、時にノスタルジアに浸り、時にあり得たかもしれない仮定法過去完了的な世界に思いを馳せたり、あるいはそれを来るべき理想の世界として思い描くのです。

 年配の人ならノスタルジアを、大人ならあり得た世界への思いを、子供なら未来の世界への理想像をそこに見出すことでしょう。かくいう私もそうでした。子供のころ、あんな家族だったら楽しいだろうなと思ったものです。今自分の家族をできるだけそれに近づけようと努力しているところですが、なかなか現実は…。

 その場合、私はサザエさんです。おっちょこちょいだけど、ムードメーカーでみんなのリーダーなのです。親のことを大切にしながら、自分の親と同居してくれている配偶者をさりげなく気遣う。子育てをし、自分の兄弟たちともいつまでも仲良くし、親戚づきあいまでそつなくこなす。

 当たり前のことのようですが、今の人はなかなかそれができないのです。だから親とも一緒に住めない、配偶者とも喧嘩ばかり、親戚どころか兄弟とも音信不通になるのです。いったい現代人とサザエさんは何が違うのでしょうか?

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
小川 仁志
小川 仁志(おがわ ひとし)
哲学者・山口大学国際総合科学部准教授
1970年、京都府生まれ。京都大学法学部卒、名古屋市立大学大学院博士後期課程修了。博士(人間文化)。米プリンストン大学客員研究員(2011年度)。商店街で「哲学カフェ」を主宰するなど、市民のための哲学を実践している。専門は公共哲学。著書に『7日間で突然頭がよくなる本』、『世界のエリートが学んでいる教養としての日本哲学』(共にPHP研究所)等多数。
関連キーワードから記事を探す
教養・マナーコミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ