• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

貯金好きな女子はなぜか不安 貯まったお金をどうすればいい?

2016年3月23日

お金を「振り分ける」と前向きになれます!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
(C)PIXTA

 こんにちは。ファイナンシャルプランナーの加藤梨里です。

 前回記事「仕事で忙しい女性はなぜお金を貯められないのか?」では、働く女性の方からのマネー相談の一例として、忙しい人がお金を貯められない理由とその解決策についてご紹介しました。

 第2回の今回は、「貯金があってもなぜか漠然とした不安がある」という人のお悩みについて考えていきたいと思います。

1000万円貯めても不安が募る

 ファイナンシャルプランナーとしてたくさんの人の家計を見ていると、なかなかお金を貯められない人がいる一方で、貯めている人はしっかり貯めています。

ファイナンシャルプランナー(CFP認定者) 加藤梨里
保険会社、銀行、FP会社を経て独立開業。家計、保険などお金のセミナー、執筆、相談を行う。働く女性のライフプランと健康にも関心があり、慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科特任助教も務める

 毎月3万円、5万円などと決めて貯蓄している人、あまり生活費がかからないようにコツコツと倹約に努め、毎月10万円ほどの黒字を続けている人、家計簿をしっかりつけて、支出を管理している人など、概して女性は貯金が上手な印象があります。

 そんな貯金上手さんなら、お金の悩みはないものと思いますが、意外にも深いお悩みを抱えていることがよくあります。

 それが、「お金を貯めているのに、なぜか不安」というもの。お金があれば、将来のさまざまなライフイベントやもしものアクシデントに備えられるはず、と貯蓄に励んだものの、貯めても貯めても終わりが見えない気がしてしまうというのです。

 以前、マネー相談に来た33歳の事務職の女性(Bさん)は、1000万円以上の貯蓄がありました。社会人1年目からコツコツとお金を貯め、10年間でこの金額に達したとのこと。現在の手取り年収は400万円。一人暮らしで家賃や生活費を負担している中でも毎月8万円、ボーナスからは年間30万円ほどを貯める貯蓄上手さんです。

 今では年間100万円以上のペースで貯蓄を増やしているBさん。にもかかわらず、不安な気持ちになってしまうのはなぜなのでしょうか?

 話を聞いてみると、最初に100万円が貯まったときは、「単純に嬉しかった」とのこと。その後、貯蓄額が300万円、500万円と増えていくと、通帳を記帳するのが楽しみになり、それを貯めるモチベーションにしていたそうです。

 ところが、800万円を超えたあたりから、なんとなく漠然とした不安が募るようになっていきました。

「この先、いったいどこまで貯め続ければいいの?」「そもそも、お金があれば、自分の人生は本当に大丈夫なの?」 そんな疑問がわいてきたからです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ