• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

仕事で忙しい女性はなぜお金を貯められないのか?

2016年3月9日

給料の2割を自動的に貯めるのが効果的です

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
ファイナンシャルプランナー 加藤梨里
保険会社、銀行、FP会社を経て独立開業。家計、保険などお金のセミナー、執筆、相談を行う。働く女性のライフプランと健康にも関心があり、慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科特任助教も務める。

 こんにちは。ファイナンシャルプランナー(FP)の加藤梨里です。私は、くらしとお金についてのご相談、セミナー、記事を通して、お悩みを解決したり、夢や目標に近づくきっかけを提供したりする仕事をしています。

 ファイナンシャルプランナーとして活動を開始してから約10年になりますが、なかでも多いのが、働く女性の方からのご相談です。

 そこでこの短期集中連載では、過去に働く女性から受けたご相談を紹介し、私自身の働く女性としての経験も踏まえながら、働く女性ならではのお金やライフプランの課題を解決していきたいと思います。第1回目のテーマは「仕事で忙しい女性がお金をためられない理由とその解決策」についてです。

仕事で忙しいのに、貯金はない

 働く女性は、自分でお金を稼いで、自分で管理している人が多いもの。特にシングルのうちは、自分の収入の大半を自分のために使え、経済的にゆとりがある人もいます。

 一方で「収入はそこそこあるのに、なぜかお金が貯まらない!」という女性も少なくありません。

 以前、1人暮らしの27歳のSEは、年収650万円と比較的収入が高いはずなのに「なぜか貯金がまったく貯まらない」といってマネー相談に訪れました。

 話を聞くと、仕事は毎日残業続き。帰宅が深夜になることも珍しくないとのこと。忙しすぎて買い物に行く時間もないので、本当ならムダ遣いなどせずにすむはずなのに、気が付くと銀行口座には残高がほとんど残っていない。毎月の収入は、家賃や光熱費、クレジットカード、携帯電話の引き落としでほとんど消えてしまうというのです。

 日ごろ仕事が忙しい分、たまにお休みがあるときにまとめてお買い物をしているのでは? と思ったのですが、「もとからあまり物欲がないので、買い物にはあまり行かないんですが……」とのこと。休みの日には家でゲームをして過ごすといいます。

 ですが、このゲームが問題でした。ストレス発散のためにゲームをしているとハマってしまい、アプリ内課金でコンテンツをどんどん買ってしまうというのです。計算してみると、月に3万円以上使っていました。

 また、話をよく聞くと、スマホで通販サイトを見ているうちに、洋服をちょこちょこ買うクセも発覚! これもお金が貯まらない理由だったのです。

 気に入ったらワンタップで買い物カゴに入れて、クレジットカードや携帯電話の利用料金と一緒に引き落とす、などの方法で決済できてしまうスマホの通販サイトでは、「お金を使う」という感覚が薄れてついつい買ってしまいます。しかも、お買い物をしたときには紙のレシートが残らないので、使ったことを忘れてしまいがちになります。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ