女性であることへの差別や偏見、「女らしさ」「女子力」といった圧力など、私たち女性にとって、今は必ずしも「生きやすい」社会ではないかもしれません。

 とは言え「女性」に生まれたのだから、やはり「女性に生まれてよかった」と思いたい。

 日経ウーマンオンラインでは、様々な業界で活躍する女性たちに話を伺いました。「『女性』である自分を好きになれる」ような、前向きなインタビューを多数お届けします。