2017年最後の「胸きゅんステーショナリー」は、今年最後の総決算! 100種類以上の文房具中から、実際に使ってみて思わずハマった厳選ステーショナリーをご紹介します。

 2017年の3月からスタートした、働く女性を支えるすてきな文具をご紹介する連載「胸きゅんステーショナリー」は、今回で23回目を迎えました。

 この1年でペンやノート、マスキングテープなどたくさんの文房具を実際に使い、ご紹介してきました。今年使った文房具の数を数えたみたところ、なんと100種類以上! 今回はその中から私、やまぐちが使い込んでいる文房具の思わずフムフムする使い方をご紹介します。

超簡単 コスパ抜群プチプラ万年筆のカラーを変えてアレンジ

ソフトピンク・ソフトイエロー・ソフトブルーの3本を愛用

 「絶対買い! 初心者もOK 優秀過ぎるプチプラ万年筆」でご紹介。

 万年筆デビューにおすすめの、1本がパイロットコーポレーション「カクノ」です。しっかりした書き心地と、カラフルでかわいらしいデザインが魅力の万年筆。値段は1000円(税抜)とお手ごろなのもうれしく、1本買ったら書き心地にハマってしまい、今は3本色を変えて使っています。

フムフムポイント「カートリッジインキ」でカラーを変える

「カートリッジインキ 5本入」200円(税抜)

 せっかく万年筆を使うなら、インク色にもこだわりたいですよね。万年筆のインクを充填する方法は、カートリッジとコンバーターの2種類あります。インクを手軽に変えたいときは、カートリッジタイプがおすすめです。万年筆の軸を外し「カートリッジインキ」を入れ替えるだけで色を変えることができます。

軸に合わせてインク色も変えて使っています

 インクのカラーはブルーブラックやブラウンといったビジネスシーンで使いやすいカラーや、バイオレットやピンクなどカラフルなカラーなど全8色。万年筆を使うと書いた筆圧に合わせて色の濃淡が出るのが美しく、書くのも楽しくなりますよ。ちょっとしたお礼状やメッセージカードなどに使うと気持ちがさらに伝わります。