• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働く女性におすすめの4月始まり手帳【マンスリー編】

2017年3月31日

マンスリー手帳はどんな人に向く? 選ぶポイントは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「仕事に合わせて新年度から新しい手帳を使いたい」「新年から新しい手帳を調達したけど、なんだかしっくりこない……」という人には、4月始まりの手帳がおすすめです。2週にわたり「マンスリー」と「ウイークリー」フォーマットの特徴や選ぶポイントをご紹介します。今回は「マンスリー」の手帳を詳しく解説。2017年春の新作手帳も紹介します!

まずはマンスリー手帳の特徴をおさらい

 マンスリータイプとは、1日を1マスに区切られたフォーマットの手帳です。「マンスリー(タイプ)」や「月間ブロック」、「見開き1カ月」など複数の呼び方がありますが、同じ形式を指します。1カ月の予定を見開きで見渡して把握できるのが特徴です。

今回はこの4冊をピックアップ!

選び方のポイント1・その日の予定? それとも時間?

 マンスリータイプは1カ月通した全体の予定を管理したい場合に向いていますが、その分1日の書き込むスペースは狭くなります。打ち合わせや会議など、時間軸に合わせたアポイントが多い人は「ウイークリー」、時間軸よりも1日に何をやるのかが明確で、書き込みたい予定が少ない人は「マンスリー」がおすすめです。

選び方のポイント2・手帳にノートスペースは必要?

 「スケジュールの管理だけでよいか? それともノートとしても使いたいか?」も選ぶポイントになります。予定を管理するだけでいい場合は、マンスリーだけの薄型手帳にすればバッグの持ち運びが楽ちん。必要に応じて、個別にノートを用意すればいいですね。スケジュール管理とノートを一体化するほうがいいと考えるなら、ノートスペースのページ数が多いものが選択肢になります。

 続いてはマンスリー手帳の中でも、特徴的なフォーマットのものをご紹介します。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
やまぐちまきこ
やまぐちまきこ
ブログ「フムフムハック」の編集長を務めるWEBライター。幼い頃から大好きな文房具を中心に雑貨や、おでかけ情報など“読んでフムフム・ワクワクする”ライフハックコンテンツを発信中。2017年現在、年間300万PVを達成。企業WEBページや雑誌、書籍にも掲載される。
関連キーワードから記事を探す
暮らし方お仕事術お買い物・節約術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ