• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

結果を出す「営業女子」大解剖

営業女子ファッション 工夫やコーデ術、人気ブランド(3/3)

2018年3月13日

営業女子コーデ ジャケット、スーツ、インナー…お気に入りは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

ブランドでは「Swingle」(スウィングル)がいいです。安いのなら「MISCH MASCH」(ミッシュマッシュ)にも意外とあります(32歳、製造)

通販「セシール」の洗えるスーツは、安いので高級感は追求できませんが、シワにならず清潔を保てるのでオススメです(36歳、教育・学習支援)

金融など堅い業界を担当していたので、ダークスーツが基本だった。「AOKI」(アオキ)の系列のオリヒカはサイズや種類が豊富。内ポケットやペン差しなどあって使い勝手がいい(33歳、建設)

外回りの日は、「DoCLASSE」(ドゥクラッセ)のワンピースを着る。色やデザインは、訪問先に合わせて選んでいた(37歳、教育・学習支援)

自分にとって着心地のいいもの、かつ清潔感のあるものを選ぶ。「ZARA」のジャケットはずーっと愛用している。カチッとし過ぎたスーツまでいかないため、動きやすく私服っぽいおしゃれなデザインもいい(28歳、娯楽)

「P.S.FA」のスーツが好き。インナーは、社会人になってまで襟付きは着たくない。なるべくやぼったくならないようにしている(29歳、医療福祉関連)

機能性とおしゃれを兼ね備えているもの。消耗品なので高すぎない事も大事。ワードローブには、「P.S.FA」のスーツが多数(31歳、医療福祉関連)

対面でお客様と話すことが多いので必ずパンツをはきます。ジャケットはいろんなところで購入しますが、「BEAMS」(ビームス)や「COMME CA」(コムサ)などが多いです(28歳、広告代理店)

威圧感を与えないように黒スーツは避ける。特に決まったブランドはありませんが、「アンタイトル」「ICB」「23区」など、百貨店で買う事が多いです(40歳、金融)

真っ黒のスーツは避け、お会いするお客様の年齢層やキャラクターに合わせた服装を心掛けています。「セオリー」のジャケットはシルエットが綺麗で、着心地がよい。「GU」や「ユニクロ」のジャケットはプチプラで気軽に着られるので、取り入れています(33歳、商社)

私服勤務なので、毎日スーツやジャケットは着用していません。 カーディガン+スカート、ニット+スカートのコーディネートが多いです。顧客とのアポイントがある日はスーツを着用したりします。「AOKI」のスーツが好きです(24歳、金融)

海外では日本人にとってよしとされる真っ黒ファッションは好まれない。男性は服装が黒と白になるので、私は明るい印象になるようにトップスは明るいカラーものを着るようにしている。ジャケットは「PLST」(プラステ)のものがシルエットがよく、かつ快適で気に入っている(29歳、製造)

文/佐々木恵美 写真/PIXTA

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
就職・転職ファッションお仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 7月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 7月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 6月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ