• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

『東京タラレバ娘』原作を愛す読者が選ぶ名場面集

2017年2月15日

傷つくだけじゃない 励まし鼓舞してくれる名言が心を打つ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 独身アラサー女のリアルを描いたマンガ『東京タラレバ娘』。第1回は「タラレバ娘」を読んだアラサーの感想をお届けしましたが、今回は『東京タラレバ娘』を愛する読者が選ぶ 傷つき&励ましの名言やシーンを漫画とともにお届けします。

【第1回】『東京タラレバ娘』読者が悶絶する共感と負傷のあいだ

【調査概要】
2017年1月11日から2017年1月29日の期間に、日経ウーマンオンライン上でアンケートを実施。回答者数は341人。平均年齢は35.1歳、独身が64.5%、既婚(子どもあり)17.3%、既婚(子どもなし)13.8%、会社員(一般職)が67.4%。

傷つく? 励まされる? 印象的なセリフはこれだ!

 タラレバ娘たちにズバズバと正論を突きつけるモデルの年下男子KEYを筆頭とする個性的なキャラクターから、歯に衣着せぬセリフが飛び出す『東京タラレバ娘』。印象に残ったセリフやシーンをアラサー読者に挙げてもらったところ、具体的なエピソードと共に多くの声が集まりました。さらに、その言葉・シーンに傷つきながらもみんな励まされている様子。まずは、アラサーの心をわしづかみにしたセリフから見ていきましょう。

「30代は自分で立ち上がれ!」 (C)東村アキコ/講談社

 タラレバ女子会終わりに、酔って転んだ倫子、香、小雪の3人に言い放ったKEYのセリフです。

「あ、わたし、もう男に助けて貰えないんだ…」と今さら自分が女の子ではないことにショックを受けました(27歳、医療福祉関連、営業事務)

あと1カ月で30代になるのですが、めそめそせずに、もう自分で何とかしなきゃいけないんだと思い知らされました…(29歳、建築・不動産、営業)

前に記念写真で私と後輩が座って写真を撮ったとき、後輩にだけ手を差しのべるメンズが2人もいたことがあったので、めっちゃ共感しました。そのときはおまえらどちらか片方の手を貸せよ! と思ったけれど、『東京タラレバ娘』を読んだら胸にスッと落ちました(33歳、その他サービス、営業事務)

見た目や若さは失うが、知識や経験は盗まれたり失ったりすることはないと若いころに聞きましたが、その言葉の意味が腑に落ちました(30歳、金融・証券・保険、一般事務)

 現実を突きつけられたと悲壮感が漂うコメントと、その通りだと納得できたというコメントが入り交じっていますが、励まされたというタフなアラサーも!

そうでなくてはいけないし、そうすべき。また、それしかない、という覚悟を感じました(31歳、商社・卸・流通・小売、一般事務)

 公私ともに自立や責任を課せられる30代の立場を、ズバリ言い表したこのセリフ。グサッとくるけど本当はそれだけの強さをあなたは持っているのだと勇気付けられる言葉ようでもあります。

まだまだ可愛いものも好きだし、男の人にも優しくされたいし、女同士でキャピキャピ楽しみたいのに。分かってはいたけど、女の子気分じゃダメなのかと悲しくなりました(29歳、その他サービス、営業)

グサッときました。普段「女子会」のように女子という言葉を度々使うので、周りからすると女子じゃないのに、女子という言葉を使っている自分の全ての行動に恥ずかしさを感じました(30歳、IT・通信、広報)

なんとなく感じていた、もう甘えが許されず現実と向き合わなければならない年齢になっていることを直視させられました(29歳、教育、専門職)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚働き方お仕事術人間関係の悩みコミュニケーション術

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 4月号

    「忙しい働き女子の片づけ&収納」を大特集。狭いのに広々として見える部屋のルール、お金が貯まるクローゼット整理術など、働き女子884人のスッキリ部屋のヒミツを公開。さらに「ディズニー、Google、コクヨはどこが違うの? 一流・二流・三流の仕事術」を紹介します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 4月号

    話題の開脚ストレッチができずに、あきらめた。毎日ストレッチをしているけど効果は微妙で、このまま続けていいのかわからない―。そんな悩みを解決しようと、専門家に徹底取材。「現代女性に必要な本物のストレッチ」をご紹介します。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 1月号

    「日経DUAL」1月号は「パパ四天王の凄い両立テク」と「私たちが働く理由」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「子どものしつけは“動物の調教”ではない 」「生稲晃子 乳がんで5回手術、公表せず仕事続ける」「難関中学の入試ってどんな問題が出るの?」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版