• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アイテム別 捨てにくいモノの捨て方ガイド

2016年12月26日

アクセサリー、本…捨てにくいものを今年のうちにスッキリさせよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

モノを減らしたいと思っていても、いざとなると罪悪感でなかなか捨てられないもの。スッキリ手放すための判断基準と、捨てどきや収納方法を専門家に聞きました。

判断基準は自分の価値

 モノを減らしたいのに、「もったいない」「高かったから」「もらいものだから」となかなか捨てられない…。そんな人に、片づけアドバイザーの石阪京子さんは、「そのモノが、自分の価値を上げてくれるかどうかで判断しましょう」とアドバイス。

 「例えば流行遅れだったり毛玉が付いていたりする服は、あなたの見た目を上げてくれません。これらは『自分の価値を下げてしまうもの』ですから、思い切って捨ててしまいましょう」。

 反対に、着ていて気分が上がる服や、読むたびに感動を得られる本は「自分の価値を高めてくれるもの」。大切に保管しよう。

捨て方の基本的な流れ

片づけたい場所を決めたら、まずは全部のモノを収納場所から出す。一つ一つのモノに対して、「自分の価値を上げてくれるかどうか」を判断。価値を下げるモノは手放すか、リサイクルショップへ。価値を高めてくれるモノなら大事に保管しよう。

「自分の価値を上げてくれるかどうか」で判断しよう

・価値を下げてしまうもの→捨てる
例)毛玉のついたセーター、チェーンが黒ずんだネックレス

・価値を上げてくれないがきれいなもの→リサイクルに出す
例)流行遅れのブランドバッグ、ほとんど使っていない食器

・価値を上げてくれる→収納する
例)人生の道しるべになる本、仕事で活躍するジャケット

片づけはスキルアップ

 「気に入ったものだけに囲まれて過ごすことで、日々の満足度が上がり、堂々と振る舞えるようになる。外見もきれいになる人が多いんです」と、石阪さん。

 捨てる作業を始める際は、表に見えている場所よりも、クローゼットや押し入れといった「バックヤード」から着手するとスムーズに進む。「奥にしまってあるモノのほとんどは、普段使っていない。だから、要・不要の判断もしやすいんです。もし奥に価値のあるものが眠っていたら、表に出して大事に使ってあげましょう」。

 ただし置き場所には限りがあるので、「服を多く取っておくなら、本や雑貨は減らす」など、残すものに優先順位を付けることも必要だ。

 自分にとって残すべきものは何かを考えることで、「自分が何を大切にしているのか」「どうなりたいのか」が見えてくる。外でおしゃれをしてバリバリ働いていても、実は家に帰ると部屋がグチャグチャ…。そんな状態では、どこか後ろめたい気持ちが付きまとうもの。

 「部屋をきれいに保つことで、後ろめたさがなくなり、内面から自信が生まれます。片づけは、“お金のかからないスキルアップ”。資格を取るのと同じように、片づけができるようになれば、きっと一回り成長した自分になれるはずです」。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方お仕事術マネー暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ