• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

家計簿は手帳でつけるとお金が貯まる リアル手帳術大公開

2016年10月24日

脱・浪費グセ! 賢い女子たちの貯蓄手帳術教えます 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「衝動買いをやめたい」といった浪費グセなど、さまざまな目的でお金の記録を始めた読者たちのリアル手帳術を大公開。いますぐ始められることばかりなので、参考にしてみてくださいね。

欲しいものリストを書く

H・Yさん(29歳・サービス・企画)

『ほぼ日手帳 カズン』

・手取り年収:350万円
・手取り月収:22万〜23万円
・現在の貯蓄額:100万円弱

◆1カ月の家計簿
家賃:6万7000円/水道・光熱費:9000円
通信費:1万3000円/食費:2万円
交通費:1万円/美容・服飾費:3万円
日用雑貨費:2万円/趣味・書籍費:2万円
貯蓄:3万円


 ひとり暮らしをきっかけに、「浪費をやめ、貯蓄したい!」と今年から手帳で出費の管理を決意したH・Yさん。そこで始めたのがユニークな「物欲リスト」だ。

欲望を自然に抑えられる物欲リストの書き方

1. 今月の物欲リスト
1カ月間欲しいと思ったもの。月末に見返し、不要なものには線を引く。

2. 上半期の物欲リスト
半年分のリストは、必要、不要、売り切れてしまったもの、に分類。

3. 不要なものは線で消す

4. 本当に必要なものに★をつける

 欲しいものがあったらすぐに買わず、まず「今日の物欲リスト」として記入。週末に、月~土曜の1週間分の「物欲リスト」を見直し、「まだ欲しい」と思うものは「今月の物欲リスト」へ書き写す。この繰り返しで欲しいものが自然に淘汰(とうた)されていく。「最終的に購入を検討するのは半年ごと。ないと本当に困るものだけを買うようになりました」。

マンスリーページは出費の管理

1カ月に10万円が目安。オーバーしたら数カ月~半年で調整

 マンスリーページは出費の管理に使う。固定費以外の出費を月10万円と決め、1日の出費を各日の欄に書き、1週間ごとに集計して記入、1カ月の合計額はページ下に書く。オーバーしたら数ヶ月〜半年で調整。「前の週で使い過ぎたら翌週は控えるなどして、月3万円を貯めています。今では物欲リストを始めて年100万円貯められるようになりました」。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方お仕事術マネー暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ