• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ダイエットの近道に 知っておきたいご飯の種類と栄養価

2017年1月26日

比べれば一目瞭然! 精米法で栄養価に違いが出ることご存知ですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

前回「“ご飯を食べて”ダイエットをしよう」では、血糖値を上げにくい工夫で太りにくくするご飯の食べ方とひと手間でヘルシー&ビューティ効果アップが狙えるご飯レシピをお伝えしました。今回はご飯の種類とその栄養価について紹介しましょう。

栄養価の違いは精米の方法

胚芽精米 栄養の詰まった胚芽を残して精米

栄養価は?
玄米からぬか層だけを取り除いたもの。胚芽が残っているため、玄米同様ビタミンB群やEが豊富。

特徴は?
胚芽には良質の脂肪も。酸化しやすいので少量ずつ購入し冷蔵庫に入れ早めに食べ切るのがコツ。「白米の食べやすさと玄米の栄養がとれる点が魅力」(榊さん)。

玄米 食物繊維やビタミン・ミネラルがぎっしり

栄養価は?
未精製の米。ぬか層や胚芽に多いビタミンB群、食物繊維が多い。糖質をエネルギーに変える際に必要なビタミンB1に富む。

特徴は?
不溶性食物繊維が多い。「白米と混ぜて食べる人も多いが、消化がよくないためよく噛んで」(榊さん)。外皮も食べるので有機、減農薬のものを選んで。

白米 ぬか層や胚芽を取り除いた米 食物繊維やビタミンは少ない

栄養価は?
でんぷんが主成分。たんぱく質も含む。冷めたご飯のでんぷんは、胃や小腸で吸収されず、大腸まで届く難消化性に変化。

特徴は?
玄米や胚芽米に比べ消化吸収が早く、血糖値が上がりやすいが、「パンに比べ油脂が少なく腹持ちが良い。白米でもメリットはある」と榊さん。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識ダイエットスキンケア健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ