• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“ご飯を食べて”ダイエットをしよう

2017年1月19日

食材の組み合わせをひと工夫するだけで大丈夫

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

前回「ご飯とパンを食べてもできるダイエット法」でエリカ・アンギャルさんが教えてくれたように、血糖値が上がりにくい主食を選ぶと、脂肪をためこむホルモン、インスリンの分泌も抑えられることがわかりました。食べ方を工夫すると、さらに効果が高まります。

血糖値を上げにくい工夫でさらに太りにくく

 徳島大学大学院 医科栄養学科 臨床食管理学分野 講師の奥村仙示さんは、日本食の中から、食後高血糖の抑制効果がある組み合わせを探った。その結果、「オクラや納豆、ナガイモなど粘性のある副菜をご飯と一緒にとると、血糖値やインスリンが低く抑えられることを確かめた」という。

 一方で、ご飯に麦を混ぜて炊いた麦ご飯も、食後の血糖値の上昇をゆるやかにする食品の代表格のひとつ。奥村講師らの研究では、麦を3割以上混ぜると、インスリンを節約できたという。また、満腹感も持続した。

 ネバネバ食材や麦は、いずれも水溶性の食物繊維に富む。奥村講師は「粘性のある副菜や食物繊維を多くとることは、胃からの食べ物の排出や、腸での消化吸収を緩やかにするのではないか」と分析する。

 食事でとるたんぱく質や油もインスリンの分泌を促して血糖値を上げにくくするという。ネバネバ食材や麦ご飯とともに、卵や赤身の肉、青魚など体に良い油を選ぶのもよさそうだ。


★日経ウーマンオンラインに関する簡単なアンケートにご協力ください

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識ダイエットスキンケア健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 12月号

    特集:「部屋を片づけると勝手にお金が貯まる!7つの理由」大公開!年100万円貯めてる人の財布・冷蔵庫・クローゼット 特別付録:書くだけで貯め上手になる!マネー手帳 2018上半期

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 12月号

    特集 ご飯OK!油OK!賢く食べて体脂肪オフ 「ラクにやせる 糖質・脂質 とり方の正解!」リバウント知らず、一生太らない!

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 11月号

    「日経DUAL」11月号は「地頭がいい子を育てる暮らし方」「DUAL独自調査!家事代行サービスランキング」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「中田敦彦 ユーチューバーの活躍に危機感があるから」「魔裟斗 最初は子どもなんて欲しくなかった」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ