• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“ご飯を食べて”ダイエットをしよう

2017年1月19日

食材の組み合わせをひと工夫するだけで大丈夫

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

前回「ご飯とパンを食べてもできるダイエット法」でエリカ・アンギャルさんが教えてくれたように、血糖値が上がりにくい主食を選ぶと、脂肪をためこむホルモン、インスリンの分泌も抑えられることがわかりました。食べ方を工夫すると、さらに効果が高まります。

血糖値を上げにくい工夫でさらに太りにくく

 徳島大学大学院 医科栄養学科 臨床食管理学分野 講師の奥村仙示さんは、日本食の中から、食後高血糖の抑制効果がある組み合わせを探った。その結果、「オクラや納豆、ナガイモなど粘性のある副菜をご飯と一緒にとると、血糖値やインスリンが低く抑えられることを確かめた」という。

 一方で、ご飯に麦を混ぜて炊いた麦ご飯も、食後の血糖値の上昇をゆるやかにする食品の代表格のひとつ。奥村講師らの研究では、麦を3割以上混ぜると、インスリンを節約できたという。また、満腹感も持続した。

 ネバネバ食材や麦は、いずれも水溶性の食物繊維に富む。奥村講師は「粘性のある副菜や食物繊維を多くとることは、胃からの食べ物の排出や、腸での消化吸収を緩やかにするのではないか」と分析する。

 食事でとるたんぱく質や油もインスリンの分泌を促して血糖値を上げにくくするという。ネバネバ食材や麦ご飯とともに、卵や赤身の肉、青魚など体に良い油を選ぶのもよさそうだ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識ダイエットスキンケア健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 5月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 5月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 4月号

なぜか好かれる人の1日5分の新習慣

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ