• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

仕事始めで凝った首肩 温タオルでだるさスッキリ

2018年1月4日

頭と首の境目を温めることで首の緊張がスーっとほぐれる!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 前回の「スマホの見過ぎでしょぼしょぼ疲れ目 温タオルで解消」では、目を温めるだけで、緊張がほぐれて血流がアップするため、目がリフレッシュできることをお伝えしました。今回は、デスクワークの方の職業病とも言える「肩の疲れ」を温めて解消する具体的な方法を順天堂大学の小林弘幸教授にお聞きしました。

首の温タオルあたため

寝る30分〜1時間くらい前に、5分間ほど後頭部と首の横側を温めると、首の緊張がふっとほぐれて副交感神経の働きが活性化する。ぐっすり眠れて、翌朝の目覚めもすっきり。

 首ががちがちに凝ると、交感神経優位の状態が常態化する。夜になっても上がったままの交換神経を副交感神経優位に切り替えるには、「首を温めるのがいい」と教授はいう。「首を温めると頸部にある圧受容体が反応し、副交感神経が優位になり血流が促される」(小林教授)。

 副交感神経を効果的に上げるには、お風呂での温まり方もポイント。

 「39〜40℃のぬるめのお湯にまず首まで5分間つかり、そのあと10分間半身浴で温まる。さらに寝る前30分〜1時間くらいに温タオルなどで首を温めると、睡眠の質もよくなる」と小林教授。お風呂あがりにコップ1杯の水を飲むのも忘れずに!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識ダイエットスキンケア健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 2月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 2月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 1月号

まんが 一生お金に困らない!お金がどんどん増える本

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ