• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

むくみを感じたときに食べたい 「利水」おかず

2016年5月26日

汗をかきにくく体に水分をためやすい梅雨の時期に特に食べたいおかず

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

前回の「貧血気味な人が食べたい、作りおき「補血」おかず」では、女性に多い貧血気味の方のためのレシピを公開しました。今回は、むくみがつらいときに食べたいおかずを紹介しましょう。

 体内の水分代謝が滞ることで起こるむくみ。「特に、湿度も気温も高くなる梅雨から夏にかけての季節は、汗はかきにくいのに冷たい飲み物を多くとりがち。そのため体に水分がたまってしまう」(料理研究家のコウ静子さん)。

 むくみ対策には、水分コントロール「利水(りすい)」の作用がある食材、ハト麦やトウモロコシが欠かせない。さらに「消化器官の機能を高める食材のトマトなどを組み合わせます」(コウさん)。

爽やかな酸味が魅力
ハト麦とミニトマトのマリネ
[全量]411kcal・塩分1.0g

 ハト麦は「利水」作用のある食材の代表格。トマトには消化器官の働きを高める効果が。「食べるときは冷やしすぎないように。ニンニクやパセリには体を温める効果があります」。

<材料>(作りやすい分量)
ハト麦(乾燥)または大麦----------50g
ミニトマト----------10個

A
 タマネギ(みじん切り)----------大さじ1と1/2
 ニンニク(みじん切り)----------1/4かけ分
 パセリ(みじん切り)----------大さじ1
 オリーブオイル----------大さじ1と1/2
 白ワインビネガー----------大さじ1
 塩・コショウ----------各少々

<作り方>
1.ハト麦は洗ってざるに上げる。たっぷりの湯(分量外)で20分ほどゆで、ざるに上げて水気を切る。

2.ミニトマトはへたを除いて半分に切る。

3.12Aであえる。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 2月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 2月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 1月号

まんが 一生お金に困らない!お金がどんどん増える本

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ