• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

乳がんで実感した優先順位 人生100年時代の正解(2/3)

2017年12月6日

日経WOMAN×日経FinTech編集部イベント「お金と私をアップデート」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

支え合えるパートナーがいる心強さ

 続いて、川崎さんが20~30代の頃のプライベートの話へ。ベンチャー経営者同士での結婚を経て、長女が1歳のときに離婚。その後、長女と仲良くなれたのが決め手となって、コンテンポラリーダンサーの男性と再婚した経緯を紹介しました。

 「最初の彼とは何が違ったんですか?」と安原編集長が聞くと、最初の結婚では、「自分たちの親世代のモデルケースを持ってきて、『こういう結婚がしたいんだ』というすり合わせをする前に結婚してしまった」と川崎さん。「結婚したら変わる」「子どもが生まれたら変わる」とお互いに考えていたと振り返ります。

「最初の結婚では、相手が変わることをお互いに期待していたんだと思います」と川崎さん

 安原編集長によれば、「結婚することのリスク」について読者にアンケートを取ると、「経済的なリスク」が目立つそう。相手が借金を持っていたり、浪費家だったりすると結婚しないほうが経済的に安定するのではないか、という疑問を抱く傾向にあるといいます。

「結婚について考えたとき、『経済的なリスク』を挙げる読者が目立ちます」と安原編集長

 これに対して川崎さんは「浪費家かどうかはチェックが必要だと思います。ただ、結婚して二人でやっていくのは、話し合いの部分が大きいんですね」とコメント。今回の乳がんで手術のために2週間休んだ際、家事や育児の面で「支え合えるパートナーがいるのは本当に心強い」と実感したそうです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
教養・マナーマネー資格・語学

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ