• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お弁当「食中毒」対策 包丁持ち手や角形弁当箱は注意(3/3)

2018年7月10日

つけない・増やさない・やっつける三原則 正しい調理器具の除菌方法は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

洗うときのコツ

お弁当箱の洗い残し 角形は要注意

 さまざまな形や機能が楽しめるお弁当箱、実は角形は汚れが落ちにくいのだとか。

 「丸と角形のお弁当箱で洗いやすさを比べてみたところ、丸いお弁当箱はさっとなでるように洗っただけで簡単に汚れが落ちましたが、角形は四隅に汚れが残ってしまいました。四隅にスポンジの角を合わせて丁寧に洗いましょう。ただ、汚れが落ちないからといって、スポンジのザラザラした硬い面でゴシゴシこするのはNG。お弁当箱に傷がつき、そこに汚れが入り込んだりニオイが付きやすくなってしまいます」(杉本さん)

ザラザラした硬い面でゴシゴシこするのはNG 画像提供:ライオン

 「また、お弁当箱の蓋の溝や、保温・保冷機能が付いたお弁当箱のパッキン部分もきちんと洗って乾燥を」(杉本さん)

1日使った水筒もできるだけ早く洗う

 オフィスでは、保温の出来る水筒を使っている人も多いのでは?

 「水筒は蓋、パッキンを取り外し、柔らかいスポンジで洗い乾燥させます。パッキンを付けたままにしておくと、汚れやカビが付きやすくなります。またボトルの奥も丁寧に洗い、茶渋や汚れが落ちない場合は、水筒などに使える酸素系漂白剤を使いましょう。暑くなってくると残菜が腐りやすいので、お弁当箱や水筒はできだけ『早く』洗うと、汚れやニオイを落としやすくなりますよ」(杉本さん)

<お弁当箱・水筒を洗うときのポイント>

・角形のお弁当箱は四隅にスポンジの角を合わせて丁寧に洗う

・パッキン部分も取りはずし、柔らかいスポンジで洗い、よく乾燥させる

・残菜が腐りやすいので、できるだけ早く洗う


 ますます暑くなるこれからの時期、いつもより丁寧な手洗い・調理器具除菌を心掛けて食中毒を防ぎましょう!

 次回は、傷みにくいおかずを作るコツなど「夏のお弁当の調理編」(7月12日公開予定)について、ご紹介します。

【この人に話を聞きました】
■東京都健康安全研究センター 小川正さん、小澤悠作さん
■ライオン 快適生活研究所 杉本美穂さん
■ミツカン広報部 高市敦子さん

文/三浦香代子 説明写真/ライオン イメージ写真/PIXTA

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 8月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 8月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ