• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

自分の嫉妬心に気付いたら 体育会系の対処法がいい

2017年6月16日

嫉妬は「入荷」してエネルギーに転換できる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 作家・岡映里さんと漫画家・瀧波ユカリさんに聞く、「日常のモヤモヤとの付き合い方」。20代は「世間並み」にとらわれていたというお二人が、今だから伝えたいモヤモヤの手放し方とは?

前編はこちら ⇒ 「朝のニュースは見ない」 ネガティブ思考のやめ方

岡 映里(おか・えり)

作家。1977年生まれ。慶應義塾大学文学部フランス文学科卒。2013年、双極性障害と診断される。仕事を辞め、離婚などの経験を経て、およそ2年間の治療で2015年に症状が落ち着く。以後も続いたうつ状態を、行動療法、認知療法的な視点から改善。現在は、認知療法や精神障害者の福祉政策を学びながら作家活動を行っている。ブログ「自分の地図をつくろう
瀧波ユカリ(たきなみ・ゆかり)

漫画家。1980年札幌市生まれ。日本大学藝術学部写真学科卒業。2004年「臨死!! 江古田ちゃん」でアフタヌーン四季賞大賞を受賞しデビュー。エッセイ「はるまき日記」(文春文庫)、「女もたけなわ」(幻冬舎文庫)など著書多数

心がモヤモヤしたら、体育会系になろう!

――他人を羨んだり、自分と比較して落ち込んだりといった「ネガティブな感情」に悩む女性も少なくありません。お二人は、そんなモヤモヤとどうやって付き合っていますか?

岡:以前は私も、そういう気持ちを抱くことが多かったんです。同世代で大きな文学賞を取った女性を見ると、嫉妬の感情にさいなまれたり。でも今は、全然ないかな。

瀧波:え~、どうしてですか?

岡:さっき「自分を大事にする」という話が出たけれど、自分を大事にすることは、得意なことや才能を謙遜せずに認めることだと思うんです。そして、欠点を受け入れて、できないことや恵まれなかったことで自分を裁くのをやめること。嫉妬をする理由って、「彼女よりも私のほうができるのに」っていう気持ちがどこかしらあるからだと思うんです。だったら、もう素直に自分はそれだけすごいって思ってるんだって認めてしまう。

 私の場合なら、自分の「文章」という才能を認めましたね。その上で、「彼女にあって自分にないのは運と書く絶対量だろう」と違いも見えてくる。書く技量は足りないので努力しようって思えるし、運は続ければ向いてくる。「彼女にいいことがあるなら、私にもそのうちいいことがある」と思えるようになり、嫉妬しなくなったんです。自分は自分でちゃんと頑張っているんだから大丈夫、と思えるようになったんですね。

瀧波:なるほど。私は、いまだに嫉妬の感情を抱くことはありますよ。でも、対処の仕方は前とは違う。嫉妬を自分のエネルギーとして「入荷」するイメージです。

作家・岡映里さん(写真左)と、漫画家・瀧波ユカリさん(右)

瀧波:嫉妬というのは、それ自体がエネルギーなわけだから、どうせならいいほうに使っちゃえと思って。同業者への嫉妬なら、「私のほうが売れてやる!」とポジティブに置き換える。もちろんそのときは、グイッと力が必要ですけどね。嫉妬自体は悪いことじゃないから。

岡: それを受け入れた上でどう変換するか、ですよね。

瀧波:心の中でモヤモヤとした気持ちがくすぶるのなら、いっそ「羨ましい!」と口に出して言ってしまうほうがラクになると思う。湿っぽくならないようにゲーム感覚で変換していくのもいいと思う。「いいなあ……」とイジイジするんじゃなくて、ちょっと語尾を変えて「おっ、いいね、いいね、いいね~!」って。「よし、私も行くよ! 行くよ~!」みたいな(笑)。体育会系のノリがいいと思う。

岡:心に松岡修造さんが住んでる感じですね。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
教養・マナーメンタルヘルス

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 10月号

    特集「最小限の服でオシャレに見える ムダなお金を使わない!通勤コーデ」。第2特集「人生100年時代のお金の備え方」

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 10月号

    特集「首・肩のコリ、むくみ、痛み… もめば不調がゼロになる!最高のマッサージ」第2特集「野菜の栄養 100%摂る食べ方&調理法」

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 9月号

    「日経DUAL」9月号は「女性エグゼクティブ in 『男社会』」「パパ育休の取り方、過ごし方 完全マニュアル」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「恋心の芽生え 思春期を迎えるわが子との向き合い方」「パートナーの独立 もしもの『社会保障』はどうなる?」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ