• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

野宮真貴さん「大人に大切なのは、赤い口紅と笑顔」

2017年2月17日

『赤い口紅があればいい』野宮真貴さん・著者インタビュー後編

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

35年間の歌手生活で培ってきた美容やファッションにまつわるテクニックをつづったエッセイ『赤い口紅があればいい』が好評発売中のシンガー、野宮真貴さん。前編・「赤い口紅」で誰もが美人になるコツ~野宮真貴さんでは赤い口紅に注目したきっかけと上手な口紅の選び方について伺いましたが、後編は野宮さんが考える春メイク・ファッションのポイントと、美容に関して日々心掛けていることについてお話を聞きました。

野宮真貴
シンガー。ピチカート・ファイヴのボーカリストとして、90年代に一世を風靡した「渋谷系」ムーブメントを国内外で巻き起こし、音楽・ファッションアイコンとなる。現在、音楽活動に加え、ファッションやヘルス&ビューティーのプロデュース、エッセイストなど多方面で活躍中。2010年に「AMPP認定メディカル・フィトテラピスト・マスター」の資格を取得。「フィトテラピスト(植物療法士)」として薬理効果のある「メディカル・ハーブ」の知識を生かし、ヘルス&ビューティー商品のプロデュースを行っている。2016年8月にアルバム『男と女~野宮真貴、フレンチ渋谷系を歌う。~』(ユニバーサル ミュージック)をリリース。近著に『赤い口紅があればいい』(幻冬舎)。

赤い口紅をつけるとき、ファンデーションは薄めに

――赤い口紅を使って、メイクに春らしさを取り入れるとしたら、どんな色を選んだらいいでしょうか。

 私は口紅のプロデュースもしていて、2色展開しているのですが「パリスレッド」はパリのマダムをイメージしたクラシカルな赤で、少しピンクがかっています。パリスレッドを一度塗りするとシアーな赤で軽い印象なので、春のお洋服には合うと思います。もう1色のトーキョーレッドはもう少しクールな赤。れんが色に近いので、どちらかというとで秋冬向きかもしれません。

――今付けていらっしゃるのは、パリスレッドですか?

 そうです、パリスレッドです。二度塗りしています。もう1回塗るともっとしっかりつくんですが。重ね塗りでかなり色味が変わります。

野宮さんがプロデュースする2色の口紅
MiMC「サプリルージュ パリスレッド」(3500円・税抜)
MiMC「サプリルージュ トーキョーレッド」(3500円・税抜)
(商品リンクは記事末尾に)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
メイクアップ暮らし方教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ