• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

このニュースに注目

フィギュア浅田真央が引退 日本中に愛された理由とは(5/6)

2017年4月21日

浅田真央はなぜ好かれる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

うれしいでもすごいでもなく、これが「浅田真央」

 トリプルアクセルを含む6種8回の3回転ジャンプを記録し、スピン・ステップすべての要素を高いレベルでこなした演技。

 基礎点66.34点はその大会で誰よりも高いものであり、その後のシーズンの世界選手権を含めても誰も挑戦できていない一段高みにある構成、いつか来るだろう未来のスタンダードとなる演技でした。

 男子では羽生結弦らが4回転ジャンプを複数種類完璧に決めて競う「真・4回転時代」にたどり着いたように、いつか女子も「真・3回転時代」にたどり着く。

 そこで選手たちが目指すだろう構成は、真央さんが出会いの頃から目指してきたものでした。

 だからこそ、あのフリーを見たときに「これが浅田真央だ」という心境にならずにはいられなかったのです。

 うれしいでも、すごいでもなく、これが浅田真央だ、と。

 単にショートプログラムでの大失敗から立ち直った強さだけではなく、出会いからのおよそ10年、いつかこうなるはずだと知っていた未来を、ショートプログラムの大失敗によって諦めてしまったはずの未来を、その演技に確かに感じ取ったから。

 真央さんの引退会見で、言葉を変えながら何度も問われた質問がありました。「もしもあのとき」と過去の分岐点を問うような質問です。

 真央さんは「本当に戻ることはないので」と質問には答えませんでしたが、多くの人の胸には「もしもあのとき」がきっと永遠に残るのでしょう。

 ほんの少し何かが違っていれば、もっと大きな未来にも届いたはずなのにという諦め切れない思いと共に。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ