• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

このニュースに注目

フィギュア浅田真央が引退 日本中に愛された理由とは(2/6)

2017年4月21日

浅田真央はなぜ好かれる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

なぜ浅田真央は「時代の主人公」となったのか

 真央さんと同時代を過ごしたスケーターには数多くの名選手がいました。

 トリノ五輪金メダルの荒川静香さんや、世界選手権で2度の金メダルを獲得した安藤美姫さんなど、美しく強い選手は真央さんだけではありません。

 しかし、それでもやはり、僕らにとって特別なのは真央さんなのです。

 真央さんは時代の「主人公」でした。

 主人公とは、強さだけでなれるものではありません。

 誰よりも大きな「未来」を予感させることこそが主人公の資質です。

 映画や漫画でもそうです。この人なら世界を救ってくれる。この人なら何とかしてくれる。

 打ちのめされてもそのたびに立ち上がり、ハッピーエンドへ向かうような希望をはらんだ人物こそが、時代の中心に立つのです。

 真央さんとの出会いは、まさにまぶしい未来への予感にあふれていました。

 トリプルアクセルという今なお世界で十指に満たない選手しか女子では決めたことがない大技を軽々と決め、3連続3回転ジャンプ、片手で頭上に足を持ち上げて回転する片手ビールマンスピンなど、世界でも類を見ない大技をいくつも引っ提げて、彼女は現れたのです。

 2005年のグランプリファイナル、15歳の真央さんが当時の世界女王スルツカヤを大差で破った試合は、予感を確信に変えるものでした。

 この子はきっと歴史上で一番の選手になる、という。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 2月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 2月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 1月号

まんが 一生お金に困らない!お金がどんどん増える本

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ