• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

このニュースに注目

【3か月半ぶり復帰】ベッキーを私は責めない~世間は他人の恋愛に厳し過ぎる

2016年5月13日

ベッキーを“魔女狩り”の餌食にする人たちに思うこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

不倫騒動で2016年1月末から休養していたタレントのベッキーが5月13日夜、3カ月半ぶりにテレビ番組に出演して復帰しました。ネット上では賛否両論の声が飛び交っていますが、みなさんはベッキーの言葉をどう受け取りましたか? 日経ウーマンオンラインではこの話題に関連して、2月17日に発信した記事を改めてお届けします。

 年明け早々から、タレントのベッキーの不倫騒動が世間で注目を集めました。続報が次々と出てくる中で、好感度タレントだったベッキーはCMや番組などの降板が決まりました。報道のピークが落ち着いた今、一連の流れを振り返って、消費生活アドバイザーや産業カウンセラーなどの資格を持ち、働く女性に向けたメッセージを発信している村山らむねさんにご寄稿いただきました。

 ベッキーの不倫騒動は20~30代の女性にとって、大問題だと思いました。30歳を越えた女性が不適切な恋愛をしたからといって日本中の人から、まるで過剰な“魔女狩り”に遭っているような状況です。それこそ、ゲスの極み。これは、本当に憂うべきだと思うのです。日経ウーマンオンライン読者のみなさんの中には、今回の不倫騒動でベッキーが“魔女狩り”に遭っていることになんとなく違和感があった人もいるのではないでしょうか。

 読者のみなさんにとっては関係のない話かもしれないし、もしかしたら大いに関係のある話かもしれません。「もう、この話題はうんざり」かもしれませんが、少々お付き合いください。

 まず私は、ベッキーを巡るすべての人々を弁護します。

●ベッキーの弁護
大好きなアーティストから声をかけられれば、奥さんがいたとしても恋に堕ちるでしょう。私だってブラッド・ピットに声をかけられれば、アンジェリーナ・ジョリーの存在を知っていてもついていくと思います。芸能界のようなところで、目の肥え切ったベッキーが、ついつい奥さんのいる人に恋をしてもそんなに不思議はありません。いい男は大体、人のものであることが多いものですよね。

●ゲスの極み乙女。の川谷の弁護
ベッキーが「ファンです」って来たら、奥さんいたってそりゃ、一歩進んでしまうでしょう。相手は老若男女に人気のベッキーです。古今東西、音楽家というのはいつも、恋多き男なんです。オペラの大家のジャコモ・プッチーニだって、ジュゼッペ・ヴェルディだって、愛人がいた。そして、アンドリュー・ロイド・ウェーバーとサラ・ブライトマンの破局も……。一般人とは恋のアンテナが違うんでしょうね。そして、モテる男の恋は光源氏の昔から、単線ではなく複線なんです。

●奥さんの弁護
奥さんは怒りますよ。“激おこ”ですよ。今回の暴露に万が一、少しでも関わっていたとしても、それは奥さんの正当な行為。逆に言うと、怒っていいのは奥さんだけだと思います。私だって、自分の夫が浮気したら、怒ります。本気になったら、もっと怒ります。でも、今回ベッキーが私の旦那さんと恋をしたわけではないので、奥さんが怒るのはわかるけど、私自身は怒りません。なぜなら、遠い出来事だからです。

好感度タレントやアイドルの恋愛禁止 誰が得をするの?

 文春の記事の第一弾で大騒ぎになり、ベッキーが釈明会見に駆り出されました。あのとき、「友達です」と言ってしまったのはよくなかったと思います。「恋愛していますが、何か?」でよかったのに……。でも、言えない事情があったかもしれませんね。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 11月号

    特集:1年後、私が劇的に変わる!「すごい手帳のコツ300」【特別付録】その1:アフタヌーンティーコラボ オリジナル万年筆 /その2:冊子『まんがで分かる!お金がどんどん増えるルール』」

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 11月号

    特集 ゆがみ解決!たるみも消える!10日間体幹リセットで美姿勢!腹ペタ!別冊付録 脱・むくみ体質 リンパ流しバイブル」

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 10月号

    「日経DUAL」10月号は「ウチの子にぴったりな進路はどれ? 受験&進学総覧」「企業で人生成功させる必須6条件」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「不妊治療 顕微授精では精子の質的低下を補えない」「伝説のコーヒー店『カフェ・バッハ』女店主が作る子ども向けおやつ」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ