• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

大臣、「女性の活躍」って何ですか? ――AKB48高橋みなみ ほか激論

2016年2月16日

「テレビ東京ビジネスフォーラム2016」で、女性の活躍トークバトル

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 テレビ東京主催のイベント「テレビ東京ビジネスフォーラム2016」にて、「女性の活躍」に対して議論をするトークバトル「ゲキ論!女性活躍の真相」が開かれました。実際「活躍」とは何を指すのか、何が必要とされているのか、果たしてそれには女性の関わりだけでよいのか――。加藤勝信・1億総活躍担当大臣からAKB48メンバーの高橋みなみさんまで、多種多様なパネリストが集結して開催されたアツいディスカッションの様子をレポートします。

AKBたかみなも激白! トークバトルがスタート

トークバトル「ゲキ論!女性活躍の真相」がスタート!

 安倍政権が成長戦略の一つとして打ち出した「女性の活躍」。少子高齢化が進み労働力人口の減少が懸念される中、経済成長に貢献することと紐付けされた「女性の社会進出」というワードは、今やニュースで見ない日はありません。

 政策の一環として厚生労働省は「女性活躍推進法」を制定、労働者301人以上の大企業は女性の活躍推進に向けた行動計画の策定が義務付けられ、2020年には女性の管理職を30%にまで引き上げるという目標がいったんは掲げられました(※編集部注:2015年12月3日、「あらゆる分野で30%」という目標値を断念し、「国家公務員・本省課長級は7%、都道府県職員・本庁課長級は15%」など、分野別数値に変更された)。

 一方で、国に「活躍」を求められることに抵抗を感じる女性も少なくなく、言葉で言うほど簡単に「活躍」できるかというと議論の余地が大きいところです。

「ゲキ論! 女性活躍の真相」登壇者
MC
ショーン・マクアードル・川上さん(経営コンサルタント)
森本智子さん(テレビ東京アナウンサー)
パネリスト
加藤勝信 1億総活躍担当大臣
吉田晴乃さん(BTジャパン社長)
小島慶子さん(タレント・エッセイスト)
高橋みなみさん(AKB48)
飯田展久(日経BP社・日経ビジネス編集長)

 このほか、様々な企業で働く女性、これから社会に出る女子大生も参加しました。

「女性の活躍」という言葉のそもそも論

 まず「女性の活躍」という言葉そのものに違和感がある、という話で、口火が切られました。

「女性の活躍」という言葉が意味するものとは、そもそも……?

ショーン・マクアードル・川上さん(以下、ショーン) そもそも「女性活躍」をテーマに激論しているようではダメ、そんな言葉はなくなっていかなくてはいけないですよね。

AKB48の高橋みなみさん

高橋みなみさん(以下、たかみな) 女性にスポットが当たるのはうれしいけど、男性に「女性活躍」と言われてもピンとこない。女性の皆さんは「何を今さら?」と思っているかもしれません。

吉田晴乃さん(以下、吉田) 逆に私は、「これはラッキーだ」と思っています。この時代に生まれた女性としてやらなきゃいけないことがあると思うから、これに乗っかっていきたいです。

注目していきたい新しい働き方

 「社会への貢献、活躍=会社員として働くことではない」という新しい働き方を提案する動きにも注目が集まっています。ここで、会場に集まった女性にバトンが回され、そのうちの一人、美容師とサロンモデルのマッチングサービスを運営している女性が、自身の働き方について話しました。

 その女性は、ほかの学生と同様、就職活動を行い、志望していたIT企業に内定。いったんは就職するつもりでいましたが、最終的に、大学在学中から手掛けていた事業を拡げて起業していくことに。起業してから1年、まだ利益を上げることは難しいものの、パソコンとネット環境さえあればいいこの仕事が楽しいと語ります。

 また、今後のキャリアアップや将来設計について問われ、「キャリアアップしたから結婚・出産できないとは思っていないし、マッチングサービスのビジネスで個人を輝かせたい。女性は結婚や出産がゴールになりがちですが、そうではないプラットフォームを作っていきたいです」と前向きな展望を語りました。

たかみな 実際原宿を歩いているとカットモデルを探している美容師さんがたくさんいますが、それをビジネスとして考える発想がすごいですね。

BTジャパン社長の吉田晴乃さん

吉田 若い人は消費者視点でアイデアをふんだんに出せるので、周囲がもっと支援しなくてはいけないし、楽に成功していけるようにしなくてはいけない。理不尽さで余計なエネルギーを使わなくていい世の中であってほしいですね。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
教養・マナー

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 4月号

    「忙しい働き女子の片づけ&収納」を大特集。狭いのに広々として見える部屋のルール、お金が貯まるクローゼット整理術など、働き女子884人のスッキリ部屋のヒミツを公開。さらに「ディズニー、Google、コクヨはどこが違うの? 一流・二流・三流の仕事術」を紹介します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 4月号

    話題の開脚ストレッチができずに、あきらめた。毎日ストレッチをしているけど効果は微妙で、このまま続けていいのかわからない―。そんな悩みを解決しようと、専門家に徹底取材。「現代女性に必要な本物のストレッチ」をご紹介します。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 1月号

    「日経DUAL」1月号は「パパ四天王の凄い両立テク」と「私たちが働く理由」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「子どものしつけは“動物の調教”ではない 」「生稲晃子 乳がんで5回手術、公表せず仕事続ける」「難関中学の入試ってどんな問題が出るの?」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版