• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ずる休みはやっぱりダメですか?

2016年8月12日

「気力がないため」「セールに行くため」「失恋したため」―全部OK?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「ずる休みをしてしまったことに後悔……」というアラサー女性の相談が届きました。有給休暇は“ずる休み”に使っていいのでしょうか。健康社会学者の河合薫さんとアラサー独身OL代表・ニケさんが相談に答えます。

あるあるカイシャ事件簿Vol.28
「ずる休みはやっぱりダメですか?」

 薫さん、ニケさん、初めまして。いつも楽しく拝読しています。
 私は29歳の一般職の会社員です。私がご相談したいのは、「ずる休みはいけないことなのか?」ということです。
 先日、会社をずる休みしてしまいました。朝起きたらなぜかボ~ッとしてしまい、会社に行く準備をする気が起きませんでした。風邪かな?と思い、熱を測ったのですが、36.3度と平熱で、頭痛もなし、咳もなし、お腹の調子も普通。「これでは会社は休めない」と思い、なんとか気力を振り絞ってお化粧をし、洋服も着替えました。
 でも、どうしても家を一歩出る力がわかないのです。それで迷った挙げ句、ずる休みをしてしまいました。うちの会社は、事前に休暇申請をしていない場合、上司に直接電話をする決まりがあります。さすがに「熱はないけど、出社する気力が起きない」と告げる勇気はなく、「熱が38度近くあるので、休ませてほしい」とうそをつきました。
 翌日は気分が回復したので出社。上司や同僚から「もう大丈夫なの?」と心配され、後ろめたい気持ちになってしまいました。それからというもの、ずる休みがバレていないかヒヤヒヤする日が続いていて、休んだことを後悔しています。
 でも、本来有給休暇って、理由に関係なく休んでいいという権利ですよね? そう考えると、ずる休みという考え方自体、おかしな話のように思います。
 会社の人たちは、上司や先輩たち、同僚も含めて、基本的には好きです。仕事も大変なことはありますが、どちらかと言うとやりがいはあります。なぜ、あの日、熱もないのに行く気分になれなかったのか、自分でも分かりません。
 薫さんは、ずる休みについてどう思いますか? ニケさんは、ずる休みをしたことありますか? 教えてください。よろしくお願いします。

(29歳・会社員)

「カラダがだるくて、出社したくない……」という日、誰だってありますよね (c)PIXTA

ニケ 私、この件に関しましてはノーコメントでお願いいたします!

カワイ 「したことがある」ってことですね(笑)

ニケ で、ですから……、ノーコメントです!

カワイ 私はありますよ。ずる休み!

ニケ エッ! ま、マジですか? あ~、安心した~、ああああ、そ、そうではなく……、

カワイ じ・つ・は……

ニケ じ・つ・は……?

カワイ わ・た・し・も……

ニケ わ・た・し・も……?

カワイ ず・る・や・す・み……し……

ニケ ず・る・や・す・み……し……ょっちゅうしてまぁ~す! ん? きゃあ~。だ、だって、どうしてもセールとか、先行発売とか朝イチでいかないと気が済まないんです。部長、許して~。必死で働きますから、お代官さまお許しくだされ~。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
河合薫
河合薫(かわい・かおる)
健康社会学者(Ph.D)。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。千葉大学教育学部を卒業後、全日本空輸に入社。気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」などに出演。その後、東京大学大学院に進学し、現在に至る。「人の働き方は環境がつくる」をテーマに学術研究に関わりながら、講演や執筆活動を行う。フィールドワークとして600人超のビジネスマンをインタビュー。メルマガ「デキる男は尻がイイ―河合薫の社会の窓」を配信。
関連キーワードから記事を探す
働き方メンタルヘルス

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 6月号

    特集は「心とカラダの不調を解消!疲れない!老けない人の24時間」。ウーマン読者が今一番気になるのは、「体力の衰え」と「疲れが取れないこと」。女性医師500人とカラダのプロたちが、毎日実際にやっていることを紹介。第二特集は「残高見るだけで1000万円貯蓄法」。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 6月号

    忙しい、運動が苦手な人でも続く!5秒~できて簡単なのに効果絶大な「筋トレの新ルール」を大特集。歩くだけ、伸ばすだけ、座るだけ!日常生活で少し意識を変えるだけで、引き締まった体が手に入ります!

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 5月号

    「日経DUAL」5月号は「もしかして、わたし“毒親”予備軍?」と「使ってみた!知っておくと得 DUAL的最新便利サービス」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「小学生の防犯マニュアル 登下校、習い事の行き帰り」「周囲の気持ちをくみ取る『女の子脳』の子には注意」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ