• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

乳がんを会社に告げて、まさかのバッシングに後悔

2016年7月1日

女性のがん1位は乳がん、地域別では東京女性がトップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

社会健康学者の河合薫さんが読者の悩みに答えるリアル人生相談連載・第22回。今回は婦人科系疾患の一つ、乳がんのお話。アラサー独身OLニケさんと一緒に考えていきましょう。

あるあるカイシャ事件簿Vol.22
「乳がんが怖い、検診が怖い、第一線から外されるのが怖い」

 先日、小林麻央さんが乳がんで闘病していることが明らかになってから、私の周りの女性たちで乳がん検診を受ける人が増えてきました。
 私は30代後半なのですが、このタイミングで受けていいものなのかと悩んでいます。
 実は数日前に同窓会があり、久しぶりに女子校の旧友たちといろいろと話をしました。結婚、出産、体の変化など、男性がいたら話せない内容で盛り上がりました。すると一人の同級生が、乳がんだったことをカミングアウトしたのです。
 まさかこんな身近に、とショックを受けました。でも、それ以上にショックだったのが、彼女が仕事を辞めていたことです。なぜなのか、詳しいことはさすがに聞けませんでした。彼女は、「評価も上司次第。病気との両立も上司次第。私は運が悪かった」と言っていました。
 私は、順調にいけば秋の大型人事で管理職に昇進です。1年かけて頑張って、昇進試験を受けてきた結果です。「もし、乳がんが見つかったら」と考えると、怖くて検査を受ける気になれません。
 自分で触診はやっています。気になる症状はありません。健康状態も極めて良好です。管理職になってからでも、検診は大丈夫ですよね? 河合さんのご意見をお聞かせください。
(メーカー勤務 37歳)

カワイ 昨日、国立がん研究センターからがんと診断された患者数などの推計値が発表されましたね。女性のトップは乳がん。特に、「東京」で乳がんになる人が多いという、地域差も分かったのよね。

ニケ え~、てっきり大腸がんがトップだと思ってたら、乳がんなんですか……。しかも、東京って。なんでなんですか?

カワイ 出産経験がない女性が多いことや、初産年齢が高くなっていることが影響している可能性があるとされています。ただ、食事の影響も少なからずあるという指摘もある。シングルで働く女性が多いし、結婚していてもDINKSのケースもあるし。さまざまなリスク要因があるにせよ、乳がんは女性にとって、もっとも身近ながんと言っていいかもしれませんね。

ニケ そうなんだぁ~。でも、この相談って、どうなんですか? 捕らぬタヌキの皮算用……、覆水盆に返らず……、ん? どっちも違うや。

 いずれにしても、薫さんは博士だけど医者じゃないし~。でも、この相談者の方はまだ37歳だから1~2年は検査しなくてもいいような気もするし~。どうなんですかね?

カワイ だ・か・ら、私は占い師じゃないし、外科医でも、婦人科医でも、内科医でもありません。学術博士なの。軽々に「大丈夫!」なんて言えるわけないでしょ。でもね、「検査を受けるのが怖い」という、彼女の気持ちはものすごくよく分かります。

 実は、私の母も乳がんだったの。ちょうどアメリカ生活を終えて帰国したときで、父はまだ単身赴任中だった。

 今でも鮮明に、あの夜のことを覚えているんだけど、兄と三人でテレビを見ていたときに、「薫ちゃん、ちょっとここ触ってみて」と母が言ったのね。おそるおそる母の胸に手を伸ばしたら……、卵大の大きなしこりがあってね。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
河合薫
河合薫(かわい・かおる)
健康社会学者(Ph.D)。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。千葉大学教育学部を卒業後、全日本空輸に入社。気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」などで活躍後、東京大学大学院に進学。「人の働き方は環境がつくる」をテーマに、600人超のビジネスマンをインタビューし、学術研究に従事。講演、執筆活動も行う。新刊に「他人をバカにしたがる男たち」(日本経済新聞社)。メルマガ「デキる男は尻がイイ―河合薫の社会の窓」
関連キーワードから記事を探す
働き方カラダの悩み・病気

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 10月号

    特集「最小限の服でオシャレに見える ムダなお金を使わない!通勤コーデ」。第2特集「人生100年時代のお金の備え方」

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 10月号

    特集「首・肩のコリ、むくみ、痛み… もめば不調がゼロになる!最高のマッサージ」第2特集「野菜の栄養 100%摂る食べ方&調理法」

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 9月号

    「日経DUAL」9月号は「女性エグゼクティブ in 『男社会』」「パパ育休の取り方、過ごし方 完全マニュアル」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「恋心の芽生え 思春期を迎えるわが子との向き合い方」「パートナーの独立 もしもの『社会保障』はどうなる?」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ