• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

30代女子に増殖する「責任持ちたくない病」の特効薬

2016年3月18日

「昇進前に戻りたい」~細く長く生きたい中堅社員のホンネ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「私は管理職肌ではないのに昇進してしまった、管理職のプレッシャーに耐えられない、昇進前に戻りたい」――女性活躍推進の余波で、自分の昇進に悩みを抱える人も増えています。健康社会学者の河合薫さんはどうお考えでしょうか。リアル人生相談の連載第9回です。

あるあるカイシャ事件簿Vol.9
「私は管理職肌ではない」

 管理職に、昇進しました。そのことで毎日、悩んでいて。自分でもどうしていいのかわかりません。
 今までであれば、同僚と一緒に相談しながら進められましたが、今は一人で決断を迫られる立場になり、つらいです。こじんまりとしたチームですが、中心に立ってメンバーをまとめる自信が持てません。
 私は、職歴は長いですが、正直、派手な実績はありませんし、経験も豊富でもありません。周囲にはもっと優秀な先輩社員がいます。なぜ、私が昇進してしまったのか、考えれば考えるほど気分が落ち込みます。もしかすると、女性の中間管理職を増やしたい会社に、利用されているのかも、と勘ぐってしまいます。
 昇進前に戻りたいと思う毎日なのですが、このつらい気持ちを解決するには、私はどうすればよいのでしょうか。
(32歳・秘書職)

ニケ 羨ましすぎる~! 昇進、ってことはお給料だって上がるし、なぁ~んも悩むことないのに~。私だったら、ホイホイ喜びますよ! モスグリーンの"MA-1"買って……、アレと、コレと……。

カワイ 相変わらずノー天気ね。ニケさんみたいなタイプは、昇進した途端、「薫さん、私にはムリです~」って泣きついて来るのよね。それに管理職になると残業代がつかなくなるから、給料が増えるとは限りませんよ。

 管理職って、部下の将来に影響するし。部下が生きるも死ぬも、上司次第ってこともありますから。責任重大!

ニケ ゲッ……。そ、そんな責任持ちたくないです! 責任のない仕事で、お給料高いのでお願いします!

カワイ そんなモンございません。あればとっくに私も転職してるわ。そもそもこの世の中に責任のない仕事なんて、ありませんよ。どんな些細な仕事にも、責任はあります。それこそお金もらってるのよ。遊んでるわけじゃないんですからね。

ニケ は、はい……。その通りです。ニケ、反省~!

カワイ 軽ッ! それよりニケさんの会社では、「とにかく女性管理職増やせ!」ってトップの鶴の一声で、女性社員が一斉に管理職にさせられた、なんてことは起きてない?

ニケ ウチはないです。むしろそれくらいやって欲しいですよ。女性管理職、めちゃ少ないですから。でも、友人の会社では年末の人事で、女性社員がゴロゴロ管理職に昇進したって言ってました。

カワイ "頭数協奏曲"が吹いたのね。政府が「2020年に指導的地位に占める女性の割合を30%にする」って数値目標を設定して、2014年に女性活用企業にさまざまなインセンティブを与える施策を出してから、"頭数"を増やすことに躍起になった企業が続出したの。40歳以上の女性は全員部長にしたり、一般職でも何でもいいから課長に昇進させたり。

 私のフィールドインタビューに協力してくれた女性の中にも、何人もそういう方たちがいました。

 彼女たちはみんな困惑していた。相談者の女性と同じです。「昨日までの同僚」が「部下」になったり、「昨日まで一般職」だったのに「総合職」になったりしたら、誰だって戸惑いますよね。

ニケ そんなのイヤだ~。今のままがいい~。

カワイ 確かに、まるで“ファッション”のように昇格を扱うのは、まったく賛成できません。でも、いかなるカタチであれ、女性たちに追い風が吹くことは無風よりもいいかなぁって思うの。だから仮に、「女性の中間管理職を増やしたい会社に利用された」としても、それはそれとして受け止めてやり過ごせばいい。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
河合薫
河合薫(かわい・かおる)
健康社会学者(Ph.D)。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。千葉大学教育学部を卒業後、全日本空輸に入社。気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」などで活躍後、東京大学大学院に進学。「人の働き方は環境がつくる」をテーマに、600人超のビジネスマンをインタビューし、学術研究に従事。講演、執筆活動も行う。新刊に「他人をバカにしたがる男たち」(日本経済新聞社)。メルマガ「デキる男は尻がイイ―河合薫の社会の窓」
関連キーワードから記事を探す
働き方お仕事術コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 11月号

    特集:1年後、私が劇的に変わる!「すごい手帳のコツ300」【特別付録】その1:アフタヌーンティーコラボ オリジナル万年筆 /その2:冊子『まんがで分かる!お金がどんどん増えるルール』」

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 11月号

    特集 ゆがみ解決!たるみも消える!10日間体幹リセットで美姿勢!腹ペタ!別冊付録 脱・むくみ体質 リンパ流しバイブル」

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 10月号

    「日経DUAL」10月号は「ウチの子にぴったりな進路はどれ? 受験&進学総覧」「企業で人生成功させる必須6条件」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「不妊治療 顕微授精では精子の質的低下を補えない」「伝説のコーヒー店『カフェ・バッハ』女店主が作る子ども向けおやつ」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ