• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

女子的カルチャーLIFE

「ペットに触れるだけ」心癒やしセラピー

2016年11月11日

ストレスが減る! 安らぎホルモン「オキシトシン」がUP!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「安らぎを与える癒やしのホルモン」として知られるオキシトシン。人間同士だけではなく、動物との触れ合いでも増えるとされ、その効果が注目を集めている。動物好きな人は必見!

安らぎホルモンを分泌することで、心が癒やされる

 ストレスや不安で気分が沈む──そんなとき、心に安らぎを与えてくれるホルモンがある。愛情ホルモンや絆ホルモンとも呼ばれる「オキシトシン」だ。

 オキシトシンは、出産時に子宮を収縮させて陣痛を促したり、母乳分泌を促す作用がよく知られているが、自治医科大学医学部の尾仲達史教授は「オキシトシンは社会的な“絆”を深める働きを持つホルモンでもある」と説明する。「親子やカップル間など親しい関係でのスキンシップで分泌され、オキシトシンが増えると愛情や信頼感が増して、絆が強まる。さらには社会的な行動を促し、仲間との絆を強くする可能性もあるとされる」(尾仲教授)。

 また、「オキシトシンはストレスや不安を軽減し、コルチゾールの分泌を抑える作用もある」(尾仲教授)。

ペットとの触れ合いで「オキシトシン」UP! (c)PIXTA

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 6月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 6月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 5月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ