• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

逃げ恥人気に続け 1月スタートのドラマ10選

2017年1月13日

1月スタートドラマはラブストーリーが目白押し

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

最終回視聴率で20.8%を取った新たなヒット作『逃げるは恥だが役に立つ』が生まれた前クール。しばらく不調だった恋愛ドラマに、今、追い風が吹き始めており、今期もラブストーリーに期待が持てそうだ。『『アラサーの現実が突き刺さる 新春スタートのドラマ8選』』に引き続き、1月スタートのドラマを紹介していこう。

大人が満足できるラブストーリーに期待

 『逃げ恥』を生んだTBS火曜22時の枠では、実力派俳優4人がメインキャストとなる『カルテット』を放送。『最高の離婚』など、ドラマ好きの女性の心をつかんできた坂元裕二によるオリジナルストーリーとなる。もう1つの目玉は、木村拓哉が外科医役で主演する『A LIFE』だ。単純な恋愛ものではなく、人間ドラマも丁寧に描かれ、見ごたえを感じられる作品になりそう。

『カルテット』

秘密や嘘が入り乱れる大人向けのラブ・サスペンス

1月17日スタート/火曜22時/TBS系
(編集部のおススメ度 ★★★

 夢が叶わなかった男女4人、全員30代。第一ヴァイオリン奏者の巻真紀(松たか子)、チェリストの世吹すずめ(満島ひかり)、ヴィオラ奏者の家森諭高(高橋一生)、第二ヴァイオリン奏者の別府司(松田龍平)が東京のカラオケボックスで出会い、カルテット(弦楽四重奏)を組み、軽井沢でひと冬の共同生活を送ることになる。しかし、その偶然には大きな秘密が隠されていた。

 笑いや嘘が入り乱れる、大人のラブ・サスペンスが展開される。主演の松たか子は、5年ぶりに連ドラに登場。脚本は、『最高の離婚』や『Woman』の坂元裕二。

『A LIFE~愛しき人~』

大切な人の命とかけがえのない人生を巡る ヒューマンラブストーリー

1月15日スタート/日曜21時/TBS系
(編集部のおススメ度 ★★★

 親友の思惑によって居場所を奪われ、恋人を置いてアメリカに渡った沖田(木村拓哉)。技術を磨くために経験を積み、職人外科医となった彼が、恩師の手術のために10年ぶりに帰国。彼を待っていたのは、かつての恋人と、彼女と結婚した因縁の親友だった。

 愛や友情、嫉妬やプライドが渦巻く病院で、たったひとつの命と、かけがえのない人生を巡って繰り広げられるヒューマンラブストーリー。SMAP解散後の木村拓哉の初ドラマとなる。脚本は、『僕の生きる道』など、命に焦点を当てた重厚なドラマが評価されてきた橋部敦子が担当する。

『突然ですが、明日結婚します』

結婚に対する価値観の狭間で揺れるラブストーリー

1月23日スタート/月曜21時/フジテレビ系
(編集部のおススメ度 ★★

 20~30代女性向けの『プチコミックス』で連載中の、宮園いづみのマンガが原作。

 専業主婦になりたい女と、絶対に結婚したくない男が、恋愛模様を繰り広げる。20代OLのあすかは人一倍結婚願望を持つが、5年付き合った彼氏にフラれ、婚活するも惨敗。そんな中、人気アナウンサーの名波と出会い、お互いに強烈に引かれ合う。2人は付き合うことになるが、名波は“嫌婚男子”。前途多難な結婚への価値観バトルが描かれる、時に滑稽でリアルなラブストーリー。

 主演は西内まりや。相手役には、flumpoolボーカルの山村隆太が抜てきされた。山村は俳優初挑戦となる。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ