• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

疲れてきたな…と思ったら  読者の「夏バテ防止法」(2/5)

2017年8月9日

飲食、睡眠、入浴の仕方など、マネしたい読者のアイデア続々

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「飲食」/バラエティー豊かな回答がズラリ

 アンケート回答者518人のうち、298人もの方々が、「飲食」に関する夏バテ防止法を実践していました。「しっかり食べる」を筆頭に、水分をとる、肉を食べる、冷たい物を口にしない、梅ジュースや梅干し、酢をとるという回答が多く見られました。

 他に積極的に食べる物として挙がったのは、旬の野菜やフルーツ、辛い物、ねばねば食品、ニンニク、スタミナのつくうなぎなど。飲み物では、甘酒、トマトジュース、栄養ドリンク、スポーツドリンク、コールドプレスジュースがありました。

夏バテ防止に、お肉を食べる! (C) PIXTA

歩いてるときにふわ~っとなったら、必ず豚肉を食べます。次の日にはふわ~っとしなくなるので、効果を実感。(36歳、金融、金融専門職)

週一回、焼肉ランチを食べに行きます。(35歳、公務員、一般事務)

辛いものを食べます。なんとなく食欲が減らない気がします。(27歳、建設、技術職)

夏バテ気味と思ったら、ねばねば系の食品(納豆・オクラ・メカブ・山芋)をよくとるようにしています。バテずに頑張れる気がします。(31歳、建設、一般事務)

朝、お酢を飲みます。さっぱりします!(29歳、建設、総務・一般事務・技術職)

酸っぱいもの(お酢、レモン、梅干)を積極的にとるようにしています。(37歳、製造、企画)

食欲が落ちているときは、わざと温かい飲み物やスープをとるようにしています。食欲がないときに冷たいものを食べると余計に調子が悪くなるので、胃を休めることを意識しています。(24歳、製造、企画・マーケティング)

食欲が落ちるので、食べたいと思ったものは何でも食べるようにしています。それでアイス三昧の毎日になったとしても、何も食べないよりはマシ! と割り切っています。ただ、塩分は梅干等でとるようにしています。(31歳、製造、調達)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 5月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 5月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 4月号

なぜか好かれる人の1日5分の新習慣

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ