• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「iDeCo・ふるさと納税で節税」認知率は3割以下(4/4)

2017年4月19日

働く女性の「お金に関する心配事」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

ふるさと納税、配偶者控除…ちゃんと知ってる?

 次に、「ふるさと納税のワンストップ特例制度」を知っているか聞いたところ、認知率は27.8%でした。年代が上がるにつれて、認知率が高まっています。

 ちなみに、「ふるさと納税」とは、寄附金額に応じて税金の控除が受けられ、実質的な自己負担が2000円で地方の自治体を応援でき、返礼品も楽しめる制度」のこと。「ワンストップ特例制度」は、「1年間の寄附先が5自治体までなら、確定申告が必要なくなったこと」です。

ふるさと納税のワンストップ特例制度の浸透率も低い

 最後に「配偶者控除の年収要件の引き上げ」については認知率が62.8%に上り、注目度が高いことが明らかになりました。ちなみに、所得控除の対象となる年収は103万円から150万円に引き上げられます。

配偶者控除の年収要件が103万円から150万円に引き上げられることについては、過半数が知っていた

 いかがでしたか。お金を取り巻く社会や企業の制度は、最近では副業解禁からiDeCo、ふるさと納税、配偶者控除まで、いろいろな変化があります。私たちの生活に関わることなので、しっかりチェックしておきたいですね。

文/佐々木恵美 写真/PIXTA

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
マネーお買い物・節約術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 3月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 3月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 2月号

まんが 一生お金に困らない!お金がどんどん増える本

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ