• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「男ってどうして○○なの!?」女性読者の本音の叫び

2017年3月27日

どうしても分からない男ゴコロ……読者に聞きました!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

大好きなはずの恋人に、よく理解したつもりの夫に、そして尊敬する上司や仲の良い同僚にも、いかんともしがたい男女の違いを感じていら立ったことはありませんか? そこで今回は、女性たちの心の奥底にある重いフタを開けてもらい、普段は言えない男性への本音をアンケートにぶちまけてもらいました! 思わずため息が聞こえてきそうなエピソードを、恋愛・家庭・職場という三つのシチューションと、番外編に分けてご紹介します!

男性の「生態」ってよく分からない…… (C) PIXTA

「好きな人なのに、理解できない!」~恋愛編

 好きな人とはいえ、一体どうしてこうなるのか。いやいやむしろ、好きだからこそ理解し合えないことにイライラしてしまうのか……。恋愛シーンの「男ってどうして〇〇なの!?」は、中でも会話への不満が多いようです。

愚痴にアドバイスをはさむ

仕事でストレスMAXのとき、我慢できず思わず彼に愚痴を言いましたが、「それはおまえのやり方も悪い」「そんなに本気で取り組まなきゃいい」とバッサリ。怒りを通り越し、「この人に相談しても不完全燃焼だ」と思って、以後、彼に愚痴ることはやめました。(31歳、IT・通信、一般事務、独身)

ただ愚痴を聞いてほしい、というのが男性は大抵無理。なので、彼に愚痴を聞いてもらいたいときは、「今から愚痴を言います」と宣言し、「ソリューションでなくあなたの優しい相づちが欲しいだけだ」と伝えるようにしています。(40歳、会社経営・役員、独身)

大事なことをハッキリ言わない

彼とは年が離れているせいか、けんかになりません。私が一方的に怒り、彼はそれを黙って聞き、ほとぼりが冷めるまで構ってこない、というのがいつものパターン。男の人ってなぜ、都合が悪くなると黙り込んでしまうんでしょうか。(30歳、製造、営業・企画・マーケティング、独身)

遠距離恋愛していた元彼は、一緒にいるだけで幸せと言ってくれるタイプでした。でも、「どこに行く?」「どこでもいいよー」、「何食べたい?」「何でもいいよー」と、久々のデートプランさえまともに立ててくれませんでした。会えたらそれだけで幸せと言うので、「じゃあもう会えたからいいね!」と口論になることが多く、別れました。(31歳、受付・接客・一般事務、独身)

会いたいなら会いたいって言ってくれたらいいのに、「近くに行くよー」とか、「今日は(用事は)何時までの予定だよー」とだけ連絡してくる彼。「だから何?」って言いたくなります。(34歳、商社・流通系、営業事務、独身)

自分勝手すぎる

彼の友人を褒めたり、羨ましがると不機嫌になったり。悪口も、自分が言う分にはいいみたいだけど、私が言うと嫌がるのは納得いかない。(40歳、商社・流通系、販売・接客、独身)

付き合う前は優しくて手間やお金をかけてくれるけど、付き合ったらどうして何もしなくなるの?(30歳、専門職、独身)

起きられない、忘れっぽい、うるさく言うとへそを曲げる。子どもみたいだから子育てする前に疲れてきた。(30歳、IT・通信、企画、独身)

直前まで予定を決めない。先の予定を入れていると怒る。(32歳、商社・流通系、技術職、独身)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚人間関係の悩み

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 5月号

    「時間のムダが9割減る ノート術&文具 神ワザ100」を大特集。ルーズリーフに書くだけでお金が貯まる家計ノート、コクヨ式・ミスゼロノート術など、書くだけで「なりたい自分」を手に入れるアイデアが満載。さらに「お仕事服は“制服化”でラクになる」を紹介します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 5月号

    太りたくない、やせたい、便秘を解消したい…そんな女性の悩みを「作りおき」と「時間栄養学」で解決する「太らないシンプル食事術」を大特集。さらに、特別付録「反射区&ツボ押し手袋」付き。美と健康に役立つ情報満載です!

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 4月号

    「日経DUAL」4月号は「ひとりっ子、きょうだいの育て方」と「パパの手作り20分夕ごはん大作戦」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「英語のプロ 息子に『勉強しろ』と言ったことはない」「中室牧子 貧困家庭の子を支援すべき本当の理由」「堀井美香 夫と子のために『言わない』と決めたこと」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版