• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働く女性のバレンタイン、好き・反対? 今年何する?

2017年2月7日

2017年、働く女性のバレンタインデー事情を聞きました

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

2月14日はバレンタインデー。女性が意中の人にチョコレートを渡して思いを伝えるだけではなく、近年は男女関係なく、コミュニケーションの一環としてお菓子を渡す日になっているようです。しかも、ある理由でバレンタインデーを楽しみにしている女性が多いとか……? 働く女性は、どんなバレンタインを過ごす予定なのでしょうか? アンケート調査を実施しました。

【調査概要】
◎日経ウーマンオンライン上で読者を対象に実施
◎調査期間:2016年1月1日(日)~2016年1月31日(火)
◎有効回答数:738名

本音ぶっちゃけ、会社の義理チョコどうする?

「バラマキ」と考えるか、「人間関係の潤滑油」と考えるか…… (C) PIXTA

 まずは職場での対応について。上司や同僚にチョコを配るという人の中にも、義務になりつつある風潮にモヤモヤを抱えている人が多数……。しかし、職場はあげないと決めた人、華麗にスルーする予定の人も。

「今年もみんなに配ります」派

会社でお世話になっている先輩方に、チョコレート菓子とメッセージカードを渡す予定です。バレンタインデーは日ごろからの感謝の気持ちを伝える絶好の機会であり、毎年何を渡そうかワクワクできる大好きなイベントです。(25歳、弁護士/会計士など法務・会計関連)

毎年、職場に手作りお菓子を持って行きます。男性ばかりの職場なので、「年に1回くらいは華やかなイベントを!」という目的と、私自身も技術職なので、たまには女性であることをアピールする目的も。ただし、おじさんしかいないので、恋愛的な意図はまったくナシ! 手作りの一番の理由はコストが安いことです。(32歳、製造、研究開発)

いつも職場でお世話になっている方々へ、お礼のチョコを用意。バレンタインの1週間前くらいから、特設売り場を回って買います。本当にちょっとしたものでも喜んでもらえて、人間関係の潤滑油に。バレンタインデーに否定的な人も多いですが、年に1度だし、あってもいいと思います。(32歳、公務員、一般事務)

会社のお世話になっている男性に個別にプレゼントと、部署の男性陣に女性陣から連名で。いつも、差し上げるものよりホワイトデーにいただけるものの方が、明らかに素敵なものなので、個人的には役得と思っています(笑)。(29歳、製造、人事)

職場で義理チョコ会を実施予定です。手づかみボックスを作り、好きなだけ持ち帰ってもらう方式です。バレンタインを機にようやく告白して付き合った経験もあるので、バレンタインそのものは好きです。今年はプライベートでは贈る予定はないのですが……。(32歳、IT・通信、企画・マーケティング)

職場に女性が私だけなので今までバレンタインは完全無視していましたが、昨年、突然思い立って手作りお菓子を作りました。ホワイトデーにお返しをくれる人もいれば、完全スルーな人といろいろでしたが、案外作ってよかったなと思いました。今年も手作りで計画中。(40歳、IT・通信、技術職)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ