• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「疲れてない?」という言葉が元気を吸ってしまう(3/3)

2017年10月4日

無自覚に人を傷つけ、人の元気を奪っていませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 共感にはポジティブな共感とネガティブな共感があると思うのですが、こういった「ネガティブ共感」を必要以上に使う相手が近くにいると、元気を吸い取られてしまう気がします。

 こういうときは、「でも、頑張りましょうね!」みたいにポジティブな言葉で締めて、みんなでやる気を高めたいな、と思います。人は言葉に引きずられるから、少し言い換えたり、言葉を加えるだけで空気って変わると思うんです。

 ネガティブな話題は簡単に盛り上がることができて楽だし、「一緒に苦楽を共にする仲」といった親密な空気も醸しやすい。でもそればっかりでつながると、いい関係にはなれないと思います。

 「疲れた」「会社が嫌だ」みたいな話や上司の悪口といったネガティブなことでつながっているような関係には未来を感じません。そういうことを言った後で「だからこう変えていきたい」という話ができる人が、私は好きです。

「一緒にいると疲れる人」は、ネットにもいる

 こういった相手を疲れさせる人は、ネットの世界にも多いんです。その代表的な振る舞いとしては、愚痴しか投稿しない人。

 世の中のネガティブな面しか見ようとせず、批評家気取りですべての物事に対してシニカルに構えている人は、現実でも爆発することが多い気がします。

 もしタイムラインを読んでいるだけで気分が下がるような人がいれば、その人をフォローするのを見直すべきかもしれません。無意識に眺めているだけでも知らず知らずのうちに影響を受けてしまうものだと思うので、リアルだけでなくネットの環境も整えていくことが、ヘルシーな精神を保つことにつながるのではないでしょうか。

 リアルであれネットであれ、「一緒にいると疲れる人」「テンションを下げる人」と思われないよう、自分自身も相手の気持ちや距離感を大事にしなくてはいけないと日々感じています。

聞き手・文/小泉なつみ 写真/稲垣純也 イメージイラスト/PIXTA 取材日:2017年8月30日

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
はあちゅう
はあちゅう
作家、ブロガー。1986年生まれ。慶応義塾大学法学部政治学科卒業。在学中にブログを使って「世界一周をタダでする」などのプロジェクトを行い、カリスマ女子大生ブロガーとして活躍。電通、トレンダーズを経てフリーに転身。月額課金制個人マガジン「月刊はあちゅう」、「小さな野心を手帳で叶えるオンラインサロン」などを運営。著書に「とにかくウツなOLの、人生を変える1か月」(KADOKAWA)、「言葉を使いこなして人生を変える」(大和書房)など。
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術働き方人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ