• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「結婚してるのにどうして飲み会に行くの?」の謎

2017年9月6日

「女は家を守るもの」という古くて苦しい価値観を変えたい

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「女は家にいるもの」「家事・育児をするのは妻」――そんな封建的な価値観に苦しめられている人も多いのではないでしょうか。なぜか女ばかりが家を背負わされる現状に、はあちゅうさんが警鐘を鳴らします。

 既婚の女友達が飲み会に行ったときのこと。彼女が帰ってくるなり旦那さんがこう言ったらしいんです。

 「結婚してるのにどうして飲み会に行くの?」

 彼女はなぜ結婚したら飲みに行くことがダメなのか全く理解できず、夫のことが心底嫌になったと話していました。そりゃあそうですよね。

 こういった「妻は家にいるべき」という価値観はいまだにはびこっていて、性別に関係なく、多くの人の深層心理に刷り込まれているように思います。

「結婚したからって、どうして女性が家に居続けないといけないのでしょうか」

女だからって自炊を強要する風潮にギモン

 私もそんな古い価値観の押し付けによって嫌な思いをすることがあります。中でもよくあるのが、「家では料理しないんですか?」という質問。

 私は外食が趣味でその記録を日々SNSで発信していますが、同じように外食模様をアップしている男性にはこの手の質問って来ないんです。つまり、この問いかけは「女であるあなたが自炊もせず日々外で食べ歩いていることはおかしい」とやんわり非難しているんですよね。一緒にご飯を食べに行っている男性たちは既婚だろうが子持ちだろうが「家で料理しないんですか」とは聞かれていません。なのに、未婚で女の私にだけ「自炊」を求めるような質問がある。これ、変じゃないですか……?

 こんなこともありました。風邪を引いたとき料理をする気力もなくてレトルトのおかゆを食べたことをTwitterにつぶやいたら、「おかゆくらい自分で作ったらどうですか?」というコメントが届いたんです。具合が悪いからこそレトルトで済ませたのに、なぜそこまでして料理をさせたがるのか……理解に苦しみます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
はあちゅう
はあちゅう
作家、ブロガー。1986年生まれ。慶応義塾大学法学部政治学科卒業。在学中にブログを使って「世界一周をタダでする」などのプロジェクトを行い、カリスマ女子大生ブロガーとして活躍。電通、トレンダーズを経てフリーに転身。月額課金制個人マガジン「月刊はあちゅう」、「小さな野心を手帳で叶えるオンラインサロン」などを運営。著書に「とにかくウツなOLの、人生を変える1か月」(KADOKAWA)、「言葉を使いこなして人生を変える」(大和書房)など。
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術働き方お仕事術就職・転職

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ