自分は何も提供しないのに、他人からモノや情報を搾取しまくる、通称「くれくれちゃん」。その実体について、はあちゅうさんが鋭く斬り込みます。

 初めての著作の印税が入ったとき、知人が無邪気に「印税いいな~ごちそうしてよ~」と言いました。「本ってそんなにもうかるもんじゃないんだよー」と笑いながら答えつつも、なんだか傷ついてしまったのを覚えています。その人、私が本を出すのになんの協力もしてないし、本を出すまでの苦労も何も知らないくせに、なんで知り合いってだけで「ごちそうしてよ」なんて言えるんでしょうね。

 印税を不労所得のように捉えている人って少なくなくて、「棚ぼたで入ったお金ならいいじゃん」みたいなノリでの「ごちそうしてよ」なんですよね。私、印税では足りないくらいの時間を本にささげているので、不労所得ではないのですが……。本の印税ってなぜか仕事の対価だとは思われづらいという特性があります。「給料入った」って人に「いいな~ごちそうしてよ~」とは言わないと思うんですが。

 前置きが長くなりましたが、今回はこういった目に見える金品に限らず、情報もタダで与えてもらうことが当然だと思っている「くれくれちゃん」のお話です。

周囲にいません? 何でもタダでもらおうとする「くれくれちゃん」

与えてもらうことが当たり前だと思っている人種=「くれくれちゃん」

 例えば映画好きな友人に、「何か面白い映画やってない?」と尋ねること、ありますよね。私の場合はブログでグルメ紹介をしていることもあって、「●●(場所)でおいしいお店知らない?」と聞かれることが多いです。

 でも映画にしろおいしいお店にしろ、聞かれた人はタダでその情報を得たわけではなく、自分で映画館やレストランに足を運び、お金と時間をかけてその情報を集めたわけです。

 「くれくれちゃん」は、こういった自分が得する情報をいつも他人に求めてくるくせに、自分からは何も差し出さない人のことを指します。