• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

モノや情報を搾取する「くれくれちゃん」が失うもの(3/3)

2017年8月2日

何でもタダでもらおうとするずうずうしい人に一言言いたい

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

さも自分が発見した情報のように振る舞う「手柄泥棒」

 例えば、おススメした情報や面白い話を、さも自分が見つけたネタかのように紹介していたり……、別にいいんですけど、そこに仕事が絡んでくるのなら、事前に一言欲しいです。私がラインで聞かれてオススメしたお店がまるっとその人のオススメとして雑誌に使われていたときはあぜんとしました。

 中学生のとき、Aちゃんという子に面白い話をしたら後日、そのAちゃんに「ねえねえ、面白い話があるんだけど……」と、自分がした話と全く同じネタを聞かされたことがありました(笑)。テレビで芸人さんが話した「すべらないネタ」を、まるで自分の体験のように話している人が合コンにいたこともありましたね……。私、けっこうお笑いが好きなんで「あ、これあの芸人さんの話じゃん」って気付いてしまうんですよ。もちろんその場で指摘はしませんが、その後、その人のことをなんとなく信用できなくなりますね……。

「小さい損」を重ねると「大きな損」を招く振る舞い

 こうして書き連ねてみると自分の器の小ささも感じてしまいますが、私も、決して出し惜しみをしたいわけじゃないんです。

 むしろ気持ちよく人を紹介してくれる人に対しては、私もいつかすてきな人を紹介して恩を返したいと思いますし、おいしいお店を誰かに教えてもらったら、その人が好きそうなお店をピックアップして伝えようと思います。

 つまり人間関係はギブ・アンド・テイクであって、互いに頼り合うことでよいコミュニケーションが生まれるんだと思っているんです。そういった意味で一方的に自分がもらうことだけを当然と思っている「くれくれちゃん」との付き合いは、しんどくなってしまうんです。

「くれくれちゃん」は一方的にもらう側。win-winという関係にはならない (C) PIXTA

 「くれくれちゃん」はタダで情報をもらって得したような気になっているかもしれません。でも他人に頼ってばかりの一方通行の関係性は「小さい損」が積み重なっている状態なので、結局は人が離れていくなど、「大きな損」を招くような気がします。

 私も人に何かを相談することがありますが、そんなときは、自分が相手に代わりに与えられるものを、きちんと考えるように意識していきたいですね……。

聞き手・文/小泉なつみ 写真/小野さやか、PIXTA(イメージ) 取材日:5月30日

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
はあちゅう
はあちゅう
作家、ブロガー。1986年生まれ。慶応義塾大学法学部政治学科卒業。在学中にブログを使って「世界一周をタダでする」などのプロジェクトを行い、カリスマ女子大生ブロガーとして活躍。電通、トレンダーズを経てフリーに転身。月額課金制個人マガジン「月刊はあちゅう」、「小さな野心を手帳で叶えるオンラインサロン」などを運営。著書に「とにかくウツなOLの、人生を変える1か月」(KADOKAWA)、「言葉を使いこなして人生を変える」(大和書房)など。
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術働き方お仕事術就職・転職

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ