• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「祝いたいけど式は嫌…」義理の結婚式はやめませんか

2017年5月24日

はあちゅう「人生で10回しか出られないシステムにしてほしい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 一生に一度の祝いの席、結婚式。親しい人のお祝い事に幸せを感じつつも、時に「何年も会ってないのになんで呼ばれたんだろう……」や、「今月はご祝儀貧乏でキツい」など、ちょっとした疑問や金銭的な重圧を経験されたことのある方も多いのでは。今回、そんな結婚式についてはあちゅうさんが素直な気持ちを語ります。

 私実は結婚式が苦手なんです。もちろん家族同然の友達は別ですよ。ただ、普段は会わない親戚や会社・学校つながりでなんとなく呼ばれているときって行くのも断るのも気まずいんです。ウエディングドレスや「人生で一度きりの特別なイベント」というものに憧れがないわけではないのですが、自分自身はおそらく結婚式をしないと思うし、結婚式そのものに対してのモヤモヤをかなり持っています。

 こんなことを言うと、お祝い事に水を差すようで本当に気が引けますが、なぜみんなが楽しそうな結婚式に私がこんなふうに苦手意識を持つようになってしまったのか、ちゃんと考えてみたいと思います。

お祝い事なのに恐縮ですが、「結婚式が苦手です(はあちゅう)」 (C) PIXTA

結婚式を欠席する人=冷たい人間なのか

 まず、結婚式に限らず普段から私は、人が多く集まる場所が得意でないということがあります。自分の成人式も同窓会もすべて不参加です。行ったら行ったで楽しめるのかもしれませんが、なんとなく気が重くて。最近読んだ「ウツ」をテーマにした本では「人が集まる場所に行くと疲れる」タイプのウツ症状があると書いてあって、自分はこれなんじゃないかと思いました。パーティーや式典のようなものに行くとやたら疲れて、翌日まで体力が回復しないんです。

 「はあちゅう」として役割をもらった上で出席するお仕事の場は問題ないのですが、プライベートでキャラ設定のない生身の私だと、途端に疲れてしまったり、自分の発言や立ち居振る舞い一つにクヨクヨと後悔することが多くて。たぶん、自分の結婚式でも疲れると思います。なので、式はやらないと決めています。

 でも、人の結婚式は一生に一度のお祝いの場。自分の不得手を理由に断りにくいのが本音です。最初に言ったように家族や親しい友達相手なら喜んで出席しますが、返事に困ってしまうのが、今後結婚式以外で会うとは思えない間柄の方からのご招待。

 私みたいな者に声を掛けていただくこと自体は本当にありがたいです。ただ、そもそもそういった場が苦手な上に、新郎新婦があまり親しくない場合は、その場に自分の知り合いがいなくて途方に暮れることもあり、尻込みしてしまいます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
はあちゅう
はあちゅう
作家、ブロガー。1986年生まれ。慶応義塾大学法学部政治学科卒業。在学中にブログを使って「世界一周をタダでする」などのプロジェクトを行い、カリスマ女子大生ブロガーとして活躍。電通、トレンダーズを経てフリーに転身。月額課金制個人マガジン「月刊はあちゅう」、「小さな野心を手帳で叶えるオンラインサロン」などを運営。著書に「とにかくウツなOLの、人生を変える1か月」(KADOKAWA)、「言葉を使いこなして人生を変える」(大和書房)など。
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術恋愛・結婚人間関係の悩み教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 9月号

    特集「着ない服から心のイライラ、仕事のムダまで、ぜ~んぶ、スッキリ!『1分で捨てる!新習慣』」。第2特集「貯めてる女子はやっている!お金の裏ワザ130」。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 9月号

    たるみ・脂肪・ゆがみ…“お腹ぽっこり”″の悩みをすべて解消!「朝夜5分で下腹を凹ませる」方法を総力特集♪

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 8月号

    「日経DUAL」8月号は「100年ライフに備える共働き家計」「仲良しセックスレスはいいこと?悪いこと?夫婦のスキンシップ」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「竹内薫 娘のためにトライリンガル学校を設立」「西原理恵子 妻も夫も『愛してる』って言おうよ」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ