今すぐではないけれど、将来は妊娠したい、元気な赤ちゃんを産みたい――。そう思っている人は多いのでは? 先の話だとしても、今からやっておいたほうがいいことはたくさん。元気な赤ちゃんを授かるための6つの準備を紹介します!

「もしも今、妊娠したら……と想像してみてください。あなたの体は妊娠出産に好ましい状態だと思いますか?」

 そう問いかけるのは、東邦大学医療センター大森病院産婦人科の片桐由起子准教授。妊娠はゴールではなく、スタート。妊娠出産という一大事業を母子ともに健康に乗り切るには、それなりの“準備”が必要。「妊娠を望んでいる人は、その時が来たら、ではなく、今から準備を」と片桐准教授は強調する。

「例えば、いざ妊娠をとなったときに子宮筋腫や子宮内膜症、あるいは甲状腺の病気などがあって、そちらの治療を優先させなくてはならないケースも多い。30代後半以降の不妊治療は時間との闘いだが、このために半年から1年程度、治療開始が遅れることもある」(片桐准教授)。

 また妊娠を機に隠れていた病気が出てくることも。例えば妊娠中に血圧が高くなる「妊娠高血圧症候群」や血糖値が高くなる「妊娠糖尿病」などは、その代表。日ごろから塩分や糖質を多くとっている、高血圧や糖尿病の家族がいる場合などはそのリスクが高い。こうした病気は赤ちゃんにも悪い影響が出ることがあるので、妊娠中は管理が必要になる。「今は何の異常もなくても、妊娠を引き金に発症することがある。それだけ妊娠は女性の体にとって負担が大きい。だからこそ、妊娠前から病気の芽が大きくならないように体を整えておくことが大切」と片桐准教授は言う。

やっておきたい6つのこと

1 婦人科の病気を治す

子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫などの持病がある人はきちんと治療を。今すぐ治療が必要でなくても、定期的な受診を忘れないで。

2 “隠れ持病”のチェック

比較的多いのは甲状腺の病気。また高血圧や糖尿病などの生活習慣病は日ごろの食事や運動不足、家族歴などが関係するので気をつけて。

3 やせと太りすぎの人は適正体重

やせていても胎児の健康に影響が大。肥満(BMI25以上)では妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクが上がる。適正体重を目指して!

4 葉酸、ビタミンD、鉄など不足栄養素を十分とる

葉酸やビタミンDは妊娠初期から胎児の神経や骨の発育に欠かせない。妊娠出産では母体が貧血になりやすいので鉄もしっかり摂取を。

5 運動や入浴などで卵巣の血流を上げておく

卵巣の血流がよくないと、卵巣機能が落ちて受精率や妊娠率が低下するとの報告が。運動や入浴で骨盤内の血流をよくしておこう。

6 禁煙する

喫煙すると血管が収縮し、卵巣の血流状態にも悪影響が。喫煙は卵巣の老化を促進させ、喫煙者は閉経が早いとの報告も。禁煙しよう!