• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

知っておけば大違い!「非常食」準備のコツと盲点~災害に備えて(3/3)

2015年9月11日

非常食・災害食をストックする際のポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

◆コツ3◆意外な盲点をチェック!

その1●食器

 水道不通の場合に備え、衛生面から使い捨てタイプの割り箸や紙皿などを揃えておきましょう。

その2●用意するのは「3日分」

 ライフライン復旧までに3日間かかると想定し、用意しましょう。

その3●水

 これは用意している人も多いかもしれませんが、いま一度確認を。水は手や体を拭く際などにも必要になりますので、1日3リットルを目安に保存できると望ましいと思います。水は2リットルのペットボトルだけでなく、携帯しやすいという側面からも500mlサイズのものも確保しておきましょう。2リットルの水を一気に消費することはないと考えると、冷蔵保存ができない場合には、飲み口から雑菌が入って繁殖することもありえます。

その4●アレルギーがある場合は対応食を

 最近ではアレルギー対応の非常食も増えています。避難先にアレルギー対応食が確保されているとは限りませんので、アレルギーのある人はアレルギー対応食を備蓄し、携帯できるようにしておきましょう。

その5●定期的なチェックを!

 非常食、災害食の保存期限は3~5年のものが多いですが、非常食、災害食としての商品でない場合もありますので、水も含めて消費期限を確認し、期限が迫っているものは買い換えておきましょう。

 1年に1日などと決めて、定期的に非常食を消費して入れ替えることも大切です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ