インターネット選挙運動による情報を参考にしたいか
インターネット選挙運動による情報を参考にしたいか
[画像のタップで拡大表示]
ブログ・SNSなどを頻繁に更新する議員に好感を持つか
ブログ・SNSなどを頻繁に更新する議員に好感を持つか
[画像のタップで拡大表示]
インターネットで投票ができるとしたら投票したいと思うか
インターネットで投票ができるとしたら投票したいと思うか
[画像のタップで拡大表示]

 法人向けウェブ制作の「オールインターネット」は、インターネット選挙運動に関する調査結果を発表した。20歳代・30歳代は65%前後がブログやSNSを活用する議員に好感が持てるとしている。

 20歳―59歳の有職男女444人に、インターネット等を利用した選挙運動による情報を参考にしたいか尋ねると、全体の65.3%が「参考にしたい/したことがある」と答えた。年代別では、20歳代が73.9%と最も高く、インターネットでの情報収集に積極的な姿勢が見られる。一方30歳代―50歳代は3割以上が「参考にしたくない」と答えている。

 インターネット選挙運動による情報を参考にしたい/したことがあると答えた人に、参考となる情報源を聞くと、84.5%が「公式のホームページやブログ」といった公式のツールを挙げた。そのほか、39.0%が「SNS(FacebookやTwitter)」、27.2%が「ネット広告」、24.1%が「動画サイトに投稿された動画」を参考にしている。

 ブログ・SNSなどを頻繁に更新する議員に「好感を持つ」あるいは「どちらかというと好感を持つ」と答えた割合は全体の62.4%を占めた。年代別では20歳代が65.8%と最も高く、次いで30歳代の64.9%が続いた。特に20歳代は「好感を持つ」(14.4%)が、40歳代・50歳代(いずれも7.2%)の2倍多い。

 男女別では、「好感を持つ」「どちらかというと好感を持つ」の合計は男性が65.1%で女性の57.1%を8ポイント上回ったが、「好感を持つ」に限ってみると男性(10.2%)と女性(10.1%)はほぼ変わらない。

 インターネットで投票ができるとしたら投票したいと思うか尋ねると、全体の76.8%が「投票したい」「どちらかというと投票したい」と答えた。年代別で見ると、20歳代(76.5%)や30歳代(74.7%)が全体平均を下回る一方、50歳代(81.0%)がインターネット投票に高い関心を示した。

■関連情報
・オールインターネットのWebサイト www.all-internet.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント