• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

気になる「家庭用美顔器」を徹底比較!

2014年10月7日

たるみの原因別! 家庭用美顔器の選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ひと昔前は医療機関やエステでなければ受けられなかったケアが、続々と家庭用美顔器で実現できるようになってきた。話題の美顔器9機種を徹底比較! あなたならどれにする?

顔のたるみの主な原因と対応する技術

 顔のたるみの主な原因は、コラーゲンやヒアルロン酸の減少、細胞の新陳代謝の低下など、加齢現象の結果といえる。

(1)皮下組織の脂肪層の中で
    皮膚を支える結合組織のゆるみ
PFNIR

(2)皮下組織や細胞間にたまる水分(むくみ)ローラーEMS

(3)表皮真皮間の結合のゆるみイオン導入(超微弱電流)

(4)筋肉の衰えEMSローラー

(1)皮下組織の脂肪層の中で皮膚を支える結合組織のゆるみのケア

 (1)を直接ケアするのが、RF(高周波/下参照)を使った美顔器。1MHzといった高い周波数の電磁波を与え、皮膚の内側に熱を発生させる。レーザーを主体とした美容医療を行うクリニックFの藤本幸弘院長は「熱により、コラーゲンでできた結合組織を収縮させると即効で肌が引き締まる。さらに、コラーゲン産生などが促され、肌のボリュームが増えてハリが出るという長期的な効果もある」と話す。NIR(近赤外線/下参照)も似た効果が得られると考えられている。


たるみに効く主な技術

皮下組織のコラーゲンにアプローチして引き締め
RF(高周波、ラジオ波、サブマイクロ波)
脂肪に吸収され熱となる周波数の電磁波を利用し、皮下の脂肪層中にあるコラーゲンでできた結合組織に熱を加える。即時的には、コラーゲンの熱収縮による引き締め効果がある。長期的には、コラーゲンの熱損傷によりコラーゲン産生を促し、コラーゲンなどを作る線維芽細胞を増やして肌にハリを出す。
表皮下に熱を発生させ、皮膚を活性化
NIR(近赤外線)
水に吸収されて熱になる性質を持つ。表皮下あたりまで透過して、血行や代謝を促し、コラーゲンの変質を防ぐHSP(熱ショックたんぱく質)を増加させるなどして、肌のハリ感を高める。

(2)皮下組織や細胞間にたまる水分(むくみ)のケア

 「加齢によってコラーゲンやヒアルロン酸が減少し、その分すき間にたまる水分が増える」(藤本院長)のが(2)のむくみ。マッサージや温熱により血行を促進しよう。直接アプローチするのはローラーだが、美顔器を顔に滑らせる動きでもマッサージ効果は期待できる。電気的な刺激で筋肉を動かすEMS(下参照)でも血行が促されそうだ。


筋肉を刺激し、むくみ取り
EMS(電気的筋肉刺激)
微弱な電流を流すことで筋線維を収縮させ、筋肉を動かす。それにより、血液やリンパの流れを促すことができる。また、トレーニングと同様、筋肉を強化する作用もあるとされる。
血行を良くし、水分排出を促す
ローラー
皮膚に適度な圧力を加えて、マッサージのように血行を促すことで、細胞間などに留まっている水分を静脈やリンパ管を通じて循環させる。

(3)表皮真皮間の結合のゆるみのケア

 (3)の表皮真皮間の結合のゆるみには、電気的な刺激を使うイオン導入(超微弱電流)や電気穿せん孔こう法のほか、針がいい。美容成分の浸透を高めて皮膚の細胞を活性化することで積極的にアプローチできる。

(4)筋肉の衰えのケア

 体に比べて筋肉が薄い顔では、(4)の影響は少ない。ただし、表情筋が凝って伸縮性に乏しくなれば、たるみやすくなる。温熱やEMS、ローラーで凝りをほぐすといい。

この人に聞きました
クリニックF(東京都千代田区)
院長

藤本幸弘
機器を使った治療、特にレーザーに詳しい。「RFは家庭用機器の場合、機器によってはあまり深い位置に熱が伝わらない可能性もあるが、熱ショックたんぱく質(HSP)を増やすなど、長期的にコラーゲンを増やす効果は期待できる」(藤本院長)。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
スキンケア健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 8月号

    特集「忙しくても元気になる!週末の『時間割』」。週末がもっと充実する時間割の作り方や、5分、10分、30分の短時間で週末の満足度が上がる過ごし方プランを紹介。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 8月号

    美筋トレーナーAYAさん監修「エクササイズ★チューブ」付録付き特大号!一生やせ体質になる“大人のダイエット”を総力特集。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 7月号

    「日経DUAL」7月号は「子どもが幸せになる将来のおしごと」「ワンオペ育児からの脱出法」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「反抗、性徴 大人への変化が芽吹く5・6年の成長」「夏休みの自由課題 『親子で作る発酵メニュー』」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ