• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

消費税増税に向けて見直したい出費は?

2014年2月7日

「外食・飲み会費」の節約を検討している人が7割

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
消費税増税に向けて今より月いくら節約したいか
消費税増税に向けて今より月いくら節約したいか
消費税増税までに見直して節約できると思うものは
消費税増税までに見直して節約できると思うものは

 ライフネット生命保険は「2014年、今年こそ見直したいもの」に関する調査の結果を発表した。それによると、4月の消費税率8%実施を控え、家計の見直しで外食・飲み会の出費を削ろうと考えている人は7割近くにのぼる。

 調査は、20歳―59歳の男女1000人を対象に実施した。消費税率引き上げに向けて今よりいくら節約したいか聞いたところ、月平均「9999円以下」との回答が45.1%と最も多く、「1万円―1万9999円」が36.7%で続いた。全体の平均は「1万76円」だった。

 消費税増税までに見直して節約できる(削れる)と思うものは、「外食・飲み会費」(68.8%)が1位、次いで「旅行などの娯楽費」(47.0%)、「家庭の食費」(46.2%)、「水道光熱費」(35.8%)と続いた。

 人生で最も高い買い物とされる住宅購入に関連する「家賃(住宅ローン)」(3.4%)や、2番目に高い買い物ともいわれる生命保険の「保険料」(11.2%)を見直し対象として考える人は比較的少ない。

 消費税率引き上げが決定してから実践している節約や具体的な見直し行動を聞いてみると、「節電家電品への買い替え」「電球をLEDに交換」など我慢をせずにできる方法や、「大型テレビを購入」「新車を購入」など必要な高額品の買い物を増税前に済ませる工夫が挙げられた。

 我慢を必要とする節約術では「付き合い(飲み会)を極力減らす」「休日はなるべく家で過ごす」「風呂の残り湯をトイレの水に使う」など切実な努力も見られる。

 一方で、「資産運用で増やす」「増税分余計に働く」など、資産や収入を増やしていくという意見も寄せられた。

■関連情報
・ライフネット生命保険のWebサイト www.lifenet-seimei.co.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お買い物・節約術暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ