• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

五輪招致の安倍首相・感情プレゼンに学ぶ

2013年12月27日

一瞬で聞き手を引きつける「非言語表現」とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

視覚と声でつかむ! 感情プレゼンの強み<徹底実験エビデンス集>

 人間は、理屈だけでは動きません。「そんなの当たり前」と思うでしょうか?

 でも、今まで日本人のプレゼンは、なんとかしてきちんと証拠を並べて立派なパワポを作り、相手の論理性に訴えようと懸命に「ロジカルプレゼン」を練習してきました。

 ところが、様子は一変しました! 2013年9月7日、日本のオリンピック招致プレゼンです。

 チームジャパンで、皆さんの印象に残っているのは、トップバッターの高円宮妃殿下のエレガントな笑顔と美しい英語? パラリンピックの佐藤真海選手の笑顔? それとも、滝川クリステルさんの「お・も・て・な・し」?

 確かにみんな素晴らしかった。でも、実はここで決定打となったのが、実は安倍晋三首相のプレゼンなのです。

 彼は、たくさんのエビデンスをきっちり並べる論理的な「ロジカルプレゼン」の技術の上に、相手の感情に直接訴える「感情プレゼン」の技術、そして、その人ゆえの信用が醸し出す「エトス」という信憑性表現の技術の3点セットを駆使しました。

 これで、あなたのプレゼンが生き生きとして、相手の心に直接飛び込むようになるでしょう!

 さて、まず「グリンプスバイト」と「サウンドバイト」とはなんでしょうか?

 言葉そのもの以外のメッセージである「非言語表現」が、相手の目に一瞬で視覚情報として飛び込んでいくのが「グリンプスバイト」、声になって音として耳から聴覚で飛び込む印象が「サウンドバイト」です。

 あなたが一瞬、相手を見ただけで「あ、いい人だな」とか「デキル人だ」「好ましい」と感じたりするのが「グリンプスバイト」。文字通りには、「一瞥の噛みつき」です。

 そして、耳に届いた声の心地よさで、「この声はきっと優しい人だろう」と感じるのが「サウンドバイト」です。

 今回はまず視覚の部門、「グリンプスバイト」からどうぞ。

 視覚で見えるものの代表的なものは、「姿勢」と「動作」と「顔の表情」ですね。

 では、一瞬の印象形成の効果は、そもそも相手と私たちが対面した時、どれくらいの距離のところからはじまっていくと思いますか? 早速、それぞれを詳しく見ていきましょう。

■遠目からでもわかるグリンプスバイト

(1)15m先から

(2)歩幅60cm

(3)背筋7+12+5

 プレゼンで、相手の目の前に立ってから印象が決まると思うのは大間違い。実は、あなたの姿勢や動作は「遠くから」見られています。そして、それが「日頃のあなた」として認識されているのです。まずは「基本姿勢」のチェックからどうぞ。

(1)15m先から
「まだ大丈夫」の油断は大敵、15m先から認識されている

 こんな実験をしてみました。東京・御茶ノ水駅の聖橋口の道路に、目立つ色のビニールテープを10cm刻みで貼りました。そして、道路脇や近くのビルの上からビデオ撮影をし、人は遠くから向かってくる通行人の「姿勢」を、どれくらいの距離で認識するかを測定しました。

 結論的には相手が自分に対して15mほどの地点まで近づいてくると、すでに姿勢を認識していることがわかりました。

 驚いたことに、胸を張って堂々と歩いているか、背中を丸めてトボトボと歩いているか、15m先から認識されていたのです。

LESSON
プレゼン会場に入る時などでも、あなたが壇上に上がるよりずっと前から、相手はあなたのことが見えているのです。まずは、「姿勢」と「歩き方」に気をつけましょう。

(2)歩幅60cm
「元気歩き」の基本は、キビキビ大股&直行直進

 私の別の実践です。元気なビジネスパーソンの歩幅を調べると、日本人の平均身長の男性で60cmほど、女性は55cmほどでした。

 しかし、同じ人物であっても、歩幅はさまざまな条件で変化します。

 例えば、体調が悪い時、あるいは、失敗して上司にひどく叱られた、やりたくない仕事をやらされている……そんな時、歩幅は小さくなりがちです。つまり、小さな歩幅は不調で元気がない人の目印となってしまうのです。

LESSON
ぜひ大きな歩幅で歩くように心がけてください。歩く練習をするには、まず身近なところで50cm~60cmの目印をつけて歩いてみましょう。前足に早く重心を移し、後ろ足で地面を蹴る。前につく足はかかと着地で。膝の後ろを曲げてはいけません。膝の後ろをカクンと折ると、それだけで年老いた感じに見えてしまいます。
CHECK!【第1次安倍内閣時代】
「あっ! 安倍首相は今、体力的に困った状態にあるな」と私が判断してテレビなどのメディアでコメントをしたのも、この「歩幅」と「姿勢」でした。

(3)背筋7+12+5
頸椎、胸椎、腰椎を意識して伸ばす

 人のことを話す時、「あの人は背筋が伸びていて清々しい」などと言ったりします。

 この背筋を支える「背骨」は、長い1本の骨ではありません。首のあたりの頚椎だけで7個、胸のあたりの胸椎が12個、腰のあたりの腰椎が15個。これらがつながって背骨を形成しています。

LESSON
背筋のS字カーブを伸ばしてすっと立ちましょう。
CHECK!【安倍首相の姿勢】
2006年9月(所信表明演説)、2013年1月(所信表明演説)、2013年9月(オリンピック招致プレゼン)と3段階を比較して、安倍首相の映像を見てみると、“背筋の伸び”がまるきり違います。2006年より2013年1月、さらに同年9月が一番伸びて最大です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お仕事術コミュニケーション術

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

Facebookでシェア

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 3月号

    日経ウーマン3月号は「お金が増える人の24時間」を大特集。不安定な相場に振り回されず、コツコツお金を増やす方法をご紹介します。さらに、「忙しくても充実している人のバッグの秘密」、「頑張る人ほど、たまってる!心とカラダの『勤続疲労』3分メンテ」も特集します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 3月号

    腸を整えればお通じがよくなるのはもちろん、肌は潤い、病気を防ぎ、ダイエットにも役立ちます。腸内の善玉菌を増やすのは食物繊維と乳酸菌。みそスープやドライフルーツ、納豆とヨーグルトの発酵食対決、保存版・ヨーグルト&乳酸菌ガイドなど、育菌のための情報満載です。ほかに、押すだけで顔が引きあがる、内臓不調が消える「顔ツボセラピー」も。

  • 40歳から、幸運を引き寄せる習慣
    日経WOMAN soeur(スール)

    「SOEUR(スール)とは、フランス語で「姉、姉妹」という意味です。40代以上の働くおとなの女性を応援する雑誌として2014年12月に1冊目を発行した「日経WOMAN soeur」の3冊目をお届けします。キャリアも体も家族関係も変化を迎える40歳以降。そこで今号ではもっと幸運を引き寄せるためのさまざまな習慣をご紹介します。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 2月号

    「日経DUAL」2月号は、「ママの成功!本気起業」「”手作り”は買える 新年度準備」「英語教室ランキング」「志向別必勝法!両立パパの転職」と、共働き子育て家族にとっての課題や挑戦、気になるテーマを4つの特集にしてお届けします。他にも保育園待機児童、国会議員育休問題といった旬の話題や人気コラム陣による連載、マンガシリーズなどが盛りだくさんです。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版