• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「乳酸菌」+「水分補給」でウイルス対策!

2013年11月29日

インフルエンザの季節到来!乳酸菌飲料でいつでもどこでも対策を

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

カゼ・インフル対策には、手洗い・うがいに加えて、免疫力アップの「乳酸菌」とウイルス防御の「水分補給」をプラスしたい。お役立ちアイテムをチェックしておこう。

 カゼ・インフルエンザのシーズンがやってきた。年末年始の多忙も重なり、忙しいワーキングウーマンや、小さな子供のいるママは寝込んでいる暇なんてないのでは。手洗い・うがいの徹底はもちろん、早めにワクチン接種を済ませておきたい。

 でも、「ワクチンを打ったのにインフルエンザにかかった」という話を聞いたことはないだろうか。

 国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センターの山本典生室長は、「ワクチンは、積極的なウイルス対策としてお薦めの手段だが、100%の防御策というわけではない」と語る。

 現在のインフルエンザワクチンは、流行が予測される3つの型のワクチンをミックスしたもので、的中率は高いが「インフルエンザウイルスは変異しやすいため、ワクチンが流行ウイルスに適合しないことも可能性としてありうる。また、ワクチン接種から抗体ができるまでに2~3週間ほどかかるので、その間に感染し、発症することもある」と山本室長。「ワクチン接種済みだからと過信しないで、手洗いやうがいなども続けたほうがいい。また、ウイルスに負けない体作りも積極的に行って」(山本室長)。

乳酸菌がウイルスへの抵抗力を高める

 そこで、早めに始めておきたいのが乳酸菌の摂取だ。ヨーグルトや乳酸菌が「免疫力を高める」「インフルエンザ予防に効く」という話を耳にした人も少なくないだろう。

 実際に、市販のヨーグルトや乳酸菌飲料に使われている1073R-1乳酸菌やラブレ菌、FK-23乳酸菌といった菌をとることで、病原体の侵入があったときに最初に働く免疫細胞のひとつ、「NK(ナチュラルキラーの略)細胞」の働きが高まったり、感染後の重症化が抑えられることが確認されている。

 「菌の種類によって効果は異なるようだが、基本的には乳酸菌をとることで免疫を活性化する刺激が入り、防御機能が働くのでは」と山本室長は語る。

 最近の研究で、NK細胞だけでなく免疫細胞全般の働きを高める乳酸菌があることもわかってきた。

 キリンR&D本部研究所で乳酸菌の研究を行ってきた杉村哲研究員は「病原体の侵入を防ぐ免疫細胞は、プラズマサイトイド樹状細胞(以下、pDC)という別の免疫細胞から指令を受けている。そこで、このpDCの働きを高める乳酸菌を探し、プラズマ乳酸菌と名づけた」と説明する。

乳酸菌が体の防御力を高めてウイルス感染をふせぐ
免疫には、体内に侵入した病原体やウイルスに感染した細胞などの“異物”を早めに見つけ出し、排除する「自然免疫」と、一度感染した病原体を記憶して、次の侵入時に攻撃をしかける「獲得免疫」がある。乳酸菌の摂取で働きが高まる免疫細胞としてよく知られているのはNK細胞だが、pDC細胞の働きが高まれば、免疫細胞全般の働きと、普通の体細胞ひとつひとつの防御力が高まると考えられる。

 同社と国立感染症研究所の共同研究によると、この乳酸菌を含むヨーグルト飲料を飲んで、実際に咳や熱などのカゼ・インフルエンザ様疾患の発症が低減したという。さらに、血液を調べたところ、体内に入り込んだウイルスの増殖を抑制する力も高まっていた。

プラズマ乳酸菌摂取がカゼ・インフルエンザ様疾患の症状を抑制
30~59歳の健康な男女213人を、プラズマ乳酸菌を含むヨーグルト飲料の群と、プラズマ乳酸菌なしの偽飲料の群に分け、冬期の70日間、毎日それぞれの飲料を飲んでもらった。その結果、プラズマ乳酸菌群ではカゼ罹患者数が、偽飲料群に比べ少なく、「咳」と「熱っぽさ」の発症・悪化が有意に抑制されていた。(データ:第61回日本ウイルス学会学術集会発表資料より)。

 山本室長は「プラズマ乳酸菌は、体内にウイルスが侵入したときに、免疫系が即座に応答できるようにするだけでなく、ウイルスが増殖しないよう、細胞ひとつひとつの防御力を高めているともいえるのでは」と話す。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識カラダの悩み・病気

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 7月号

    日経ウーマン7月号は「STOP!老後破産 お金が増える人生!入門」を大特集。20代、30代、40代で一生安心な「お金が増える人生のつくり方」を指南します。さらに「女性医師300人が実践!ムダなお金をかけない『美肌』習慣」を特集します。別冊付録「仕事が3倍速くなる エクセルのワザ事典」付き!

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 7月号

    今年も最も自分の「足」が気になる季節“夏”がやってきました。足は歩く時の大切な土台。足を整えれば、体のゆがみを解消できます。さらに!足裏をもむだけ、足指を鍛えるだけで、ダイエットや小顔に効果があるなど美容にも役立ちます。

  • 40歳から、幸運を引き寄せる習慣
    日経WOMAN soeur(スール)

    「SOEUR(スール)とは、フランス語で「姉、姉妹」という意味です。40代以上の働くおとなの女性を応援する雑誌として2014年12月に1冊目を発行した「日経WOMAN soeur」の3冊目をお届けします。キャリアも体も家族関係も変化を迎える40歳以降。そこで今号ではもっと幸運を引き寄せるためのさまざまな習慣をご紹介します。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 6月号

    「日経DUAL」6月号は「今どきの海外留学事情」「低金利時代の共働き住宅ローン」「食べていける資格、取っておきたい資格」「パパと子どもの外遊び、おうち遊び」と、共働き子育て家族にとっての課題や挑戦、気になるテーマを4つの特集にしてお届けします。ギンカ・トーゲル特別講義「女性と男性ではどうして昇進スピードが違うのか」、WOMAN EXPO 前野彩セミナー特別誌上公開!「今どきの習い事と、教育費の賢い貯めかた」の2大付録も。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版