• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

20代・30代女子、ネット検索1位はYahoo!

2013年10月3日

20代・30代女子のネット活用、ブランド知名度より注目するのは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
主に使用する検索サイトは?
主に使用する検索サイトは?
年代別では・・
年代別では・・
情報収集のために見るのは?
情報収集のために見るのは?
ネットで情報収集する目的は?
ネットで情報収集する目的は?

 ステージグループが運営する女性向けWebサイト制作の「アイウェイヴ」は、20歳代・30歳代女性のインターネット活用について調査した結果を発表した。それによると、検索で主に使うサイトの1位は「Yahoo!」だった。

女性消費者は気になる商品やサービスについて、企業が発信する情報を重視ししつつも、ネガティブな情報にも注目して、より現実に理解しようとする姿勢が見受けられる。

 関東、中部、近畿地方の20歳―39歳の女性312人に、主に使用する検索サイトを聞いたところ、「Yahoo!」(50.8%)が1位、「Google」(42.7%)が2位だった。年代別で見ると、30歳代は「Yahoo!」(61.6%)が「Google」(31.3%)より圧倒的に多いのに対し、20歳代は「Google」(47.7%)が「Yahoo!」(45.9%)を上回った。

 ある商品やサービスに興味を持った際、インターネットで情報収集する手段は、20歳代と30歳代ともに約6割(20歳代:57%、30歳代:60%)が「ホームページを調べる」と回答した。ともに約2割(20歳代:23%、30歳代:20%)が「口コミサイトで評判を調べる」と答え、ともに約1割(20歳代:13%、30歳代:11%)が「掲示板などでコメントを調べる」を選択した。女性消費者にとって企業のホームページに掲載されている情報が最重要であると同時に、口コミなど第三者からの評判にも大きな関心を払っていることが分かる。

 インターネットで情報収集する理由・目的は、「商品がどんなものか、よく知りたい」(20歳代:88%、30歳代:90%)が最も多く、「悪い評判や有利でない情報も知っておきたい」(20歳代:76%、30歳代:81%)が2位に挙がった。一方で「有名かどうかが気になる」(20歳代:55%、30歳代:56%)は最下位となり、商品やサービスの品質についての認識と知名度の高さは比例しないと考える女性消費者が増えていることがうかがえる。

 総じて、気になる商品やサービスについて、企業が発信する情報を重視ししつつも、ネガティブな情報にも注目して、より現実に理解しようとする姿勢が見受けられる。

■関連情報
・アイウェイヴのWebサイト www.aiwave.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
PC・スマホ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ