女性が長く働けると感じるのはどのような職場環境か(年代別)
女性が長く働けると感じるのはどのような職場環境か(年代別)
[画像のタップで拡大表示]
女性が長く働けると感じるのはどのような職場環境か(未既婚別)
女性が長く働けると感じるのはどのような職場環境か(未既婚別)
[画像のタップで拡大表示]
女性が働くことを続ける上で課題となるのは何か(年代別)
女性が働くことを続ける上で課題となるのは何か(年代別)
[画像のタップで拡大表示]
女性が働くことを続ける上で課題となるのは何か(未既婚別)
女性が働くことを続ける上で課題となるのは何か(未既婚別)
[画像のタップで拡大表示]

 エン・ジャパンが運営する女性向け求人情報サイト「[en]ウィメンズワーク」は、同サイトを利用する20歳代―40歳代の女性966人を対象に実施したアンケート調査の結果を発表した。それによると、結婚や出産など人生の転機を超えて長く働くには、待遇より周囲の理解が重要と考える人が多い。

 長く働けると感じるのはどのような職場環境だと思うか尋ねたところ、年代・未既婚別にかかわらず「職場(上司・同僚)の理解がある」(85%)が1位に挙げられた。その理由として、「職場の上司や同僚の理解がなければいくら待遇などがよくても働けない」「周囲に理解を持ってもらうことで気持ちも安定する」といった意見が寄せられた。

 長く働けると感じる職場環境の2位は「待遇・福利厚生が充実している」(68%)、3位は「多様な働き方を実現する制度がある」(67%)だった。

 結婚後働き続ける上で課題だと思うことは「勤務地や時間など、自分の勤務条件に合う仕事を見つけること」(76%)がトップで、「相手の理解を得ること」(65%)、「時間の制約」(59%)が続いた。

 年代別で見ると、「相手の理解を得ること」は年代が上がるほど指摘する割合が高くなる。一方「上司の理解を得ること」や「保育園・幼稚園などの空き状況」は、20歳代および30歳代が40歳代を大きく上回った。

■関連情報
・[en]ウィメンズワークのWebサイト women.en-japan.com/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント