職場でイライラすることにより直面する問題は(40―50歳代男性)
職場でイライラすることにより直面する問題は(40―50歳代男性)
[画像のタップで拡大表示]
イライラした夫との生活に不安を感じることがあるか(40―50歳代男性を夫に持つ女性)
イライラした夫との生活に不安を感じることがあるか(40―50歳代男性を夫に持つ女性)
[画像のタップで拡大表示]
イライラしている上司と接してどのように思うか(40―50歳代男性を上司に持つ女性)
イライラしている上司と接してどのように思うか(40―50歳代男性を上司に持つ女性)
[画像のタップで拡大表示]

 マーケティングリサーチのシタシオンジャパンがまとめた調査結果によると、40歳代―50歳代男性の6割以上が若いときよりすぐにイライラするようになったと実感しており、家庭や職場でのコミュニケーションにも影響が及んでいるという。

 全国主要都市の40歳代―50歳代男性1000人を対象にアンケート調査を実施したところ、63.8%が「日常的にイライラしている」と答え、66.4%が「20歳代―30歳代のころと比べイライラする頻度が増えた」と感じている。

 イライラすることで、家庭で支障を来していると思う人は41.7%、仕事において支障を来していると思う人は50.7%だった。職場での具体的な問題としては「業務に集中できない」(49.2%)、「コミュニケーションがうまく取れない」(43.0%)を挙げる人が多かった。

 一方、40歳代―50歳代男性を夫に持つ主婦は、42.3%がイライラした夫との生活に不安を感じている。また40歳代―50歳代男性を上司に持つ女性社員は、イライラしている男性上司を「尊敬できない」(72.5%)、「嫌悪感がある」(67.4%)、「みっともない」(64.3%)と厳しい目で見ていることが分かった。

 順天堂大学医学部大学院医学研究科の堀江重郎教授はこうした調査結果を受け、過度なイライラは、男性ホルモンの減少を原因とする男性更年期障害を誘発するおそれがあると警鐘を鳴らしている。男性更年期障害は50歳代から発症しやすいとされているが、イライラは男性ホルモンの分泌を抑制する働きを持つため、40歳代でも発症する可能性がある。家庭や仕事などさまざまな面で責任が大きいことに加え、これからメンタルバランスが崩れやすい季節になることにも注意し、上手にイライラを軽減させることが必要だと述べている。

■関連情報
・シタシオンジャパンのWebサイト www.citation.co.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント